2016年07月06日 (水) | edit |
仕事で必要なものを買いに新大久保へ行ってきました。
ついでに大久保近辺でランチ。
さて、どこに行こうかな?
以前は大久保と言えば韓国料理店ばかりのイメージでしたが、
今はその種類も多岐にわたっていて、目移りしてしまいます。

2016_07060003.jpg 2016_07060004.jpg
トルコケバブの「サライケバブ」。

2016_07060005.jpg 2016_07060006.jpg
インドネシア料理の「ビンタン・バリ」。

2016_07060009.jpg 2016_07060010.jpg
インドネシア食材店の「TOKO INDONESIA OKUBO」。

2016_07060015.jpg 2016_07060017.jpg
トルコ料理の「ヒサル」。

2016_07060026.jpg 2016_07060025.jpg
マーラータンの「骨湯麻辣燙」。

2016_07060027.jpg 2016_07060028.jpg
アフリカ食材店の「JB ハラルフード」。

で、私が行ったのは……

2016_07060038.jpg
「HUANCHACO (ワンチャコ)」。
何と何と、ペルー料理屋さんです。
こんなところにこんなお店があったんですね~

2016_07060043.jpg 2016_07060045.jpg
ランチは11時半~と書いてありましたが、店のドアには「CLOSE」の文字。
電気がついてるのにな~
テーブルにはランチメニューが置いてあるのにな~

2016_07060044.jpg 2016_07060046.jpg
で、ドアを開けて「やってますか?」と聞いてみたら、
「どうぞどうぞ、お好きな席へ」と流暢な日本語を話す
ペルーおじさん(?)が出てきました。

2016_07060050.jpg 2016_07060048.jpg
私が入ったのは12時で他のお客さんがいませんでしたが、
そのうちに次々とお客さんが来て(ペルー人らしきお客さんも!)
あっという間に席が埋まりました。
知らなかったけど、このお店、流行ってるんですね。

2016_07060051.jpg  2016_07060053.jpg
私はランチメニューからオーダーしましたが、
常連らしいお客さんはアラカルトメニューから注文していました。
セビーチェなどのペルー料理がいろいろあるようです。

2016_07060062.jpg 2016_07060059.jpg
ランチにはサラダ、スープ、ドリンクが付いています。
スープはチキンスープで、骨の出汁がしっかり出た濃厚なスープでした。
サラダはセビーチェ風のドレッシング。

2016_07060072.jpg
そして、こちらがメインの「サルタード デ ポヨ」。
鶏肉をタマネギなどと一緒に炒めて、ご飯混ぜ合わせて食べるお料理です。
これが牛肉だと「ロモ サルタード」になるらしい。

2016_07060066.jpg 2016_07060068.jpg

2016_07060069.jpg 2016_07060070.jpg
甘辛に炒めた鶏肉と玉ねぎとトマト。
ここにコリアンダーの葉が混ざって、爽やかな風味です。
濃いめの味ですが、ライスと一緒に食べるとちょうどいいかな。
そして揚げたてホクホクのポテト!
このポテトがたっぷり皿に乗っていて、
フライドポテトの大好きな私はもうニンマリ。(笑)
オーダーしてから調理に入るのでちょっと時間がかかりますが、
出来たてのお料理はとても美味しい!

2016_07060074.jpg
ドリンクはマンゴーアップルジュースをチョイス。
これで750円ですからね。
# 500円のランチ(タコライス)もありますよん。
ランチメニューは週替わりなんですって。
夜のメニューも気になるので要チェックですね。


お腹が満たされたら、このまま新宿まで歩きます。

2016_07060086.jpg
途中、「コリア スンデ家」の前を通ったら「コンクッス開始」と書いてありました。
韓国では店先の「コングクス始めました」の貼り紙が夏の到来を告げるんですって。
日本の冷し中華みたいなものですね。
コングクスは私も大好きだから食べに行かなくちゃ!

2016_07060090.jpg
ついでにアジアスーパーストアに寄ってタイ食材を購入。

2016_07060093.jpg 2016_07060092.jpg
茄子は買わなかったけど……

2016_07060091.jpg 2016_07060094.jpg
ガパオ(ホーリーバジル)を買いました。
今でもまだ意外と誤解されているのがガパオの種類。
スイートバジルと同じシソ科の植物なのですが、
ガパオ(ホーリーバジル)は少し香りが違います。
私はスイートバジル(ホーラパー)と大葉の中間くらいではないかと
勝手に思っています。
タイで食べるガパオガイやガパオムー
肉+ガパオ+唐辛子でできていますが、
私は日本風の玉ねぎ入りやピーマン入りも結構好きです。

2016_07060099.jpg
ってことで、今夜はこんな感じでガパオガイ。
かなりたっぷりガパオの葉を入れました。
本当はシーフードでガパオタレーにしたかったんだけど、
近所のスーパーにシーフードミックスがなかったので
鶏肉を買ってきちゃいました。
なんだか昼のサルタード デ ポヨとかぶってる。(笑)
でも、これだけガパオを使っても、使ったガパオは70円分くらい。
# 1束290円でした。
日本のタイ料理屋さんだと1食分に3枚くらいしか入ってないけど、
これは40枚くらい入ってますからね。
かなり贅沢なガパオです。
ガパオはこうでなくっちゃ!


2016_07050005.jpg 2016_07050007.jpg
ところで昨日はお昼に久しぶりに「スマイルタイランド」に行ってきました。
いつものシェフがいなくなっていました。
やめちゃったのか、たまたまいなかったのか聞きそびれました。

2016_07050009.jpg
調味料入れがおしゃれなのに変わっていたり……

2016_07050016.jpg
スキ・ナムタレーのセット。

2016_07050014.jpg 2016_07050017.jpg

2016_07050019.jpg 2016_07050020.jpg
甘めのスープに春雨とシーフードとたっぷりの肉。
私はここに唐辛子と酢を入れて自分好みの味に。
結構ボリュームがあってお腹いっぱいになりました。
ただ、ジャスミンライスが少しパサついていたのが気になる……
またそのうちに訪問して詳細をチェックしてきます。


2016_07050367.jpg 2016_07050371.jpg
そして昨夜はディズニー帰りにイクスピアリに寄ったら、
以前パン屋さんがあったところにパイの専門店がオープンしていました。
「Pie face (パイフェイス)」ですって。
まだ渋谷モディ、ラゾーナ川崎、イスクピアリの3店舗しかないんですね。
ミートパイといえばオーストラリア風のミートパイが好きで
よく通販で買ったりしていましたが、
焼き立てのオーストラリアン・ミートパイが食べられるとはうれしいじゃありませんか。

2016_07050372.jpg 2016_07050376.jpg
こちらのお店のおすすめは「チャンキーステーキ」と「クラシックミンスビーフ」。
今回はチャンキーステーキの方と、りんごを買ってきました。
パイの表面についている顔の口が、種類によって違うんです。
チャンキーステーキの口はちょっとひん曲がってますね。(笑)

2016_07050377.jpg
りんごのパイ。

2016_07050380.jpg 2016_07050385.jpg
サクッとしたパイ生地ですが、上部と下部では生地が違います。
中にはカスタードクリームとリンゴ。
シナモンが結構しっかり入っていますが、それほど香りは強くないですね。
サクサクの生地ととろりとしたクリーム、そしてシャキシャキのリンゴ。
なかなかバランスのいいパイになっています。

2016_07050381.jpg
チャンキーステーキのパイ。

2016_07050382.jpg 2016_07060107.jpg
中にはごろっと存在感のある牛肉が入っています。
結構クミンがきいていますよ。
気を付けて食べないと、中からソースがとろりと流れてきます。
パイ生地は焼き立てから時間が経ってしまったので
ちょっとふにゃっとしてしまいましたが、オーブントースターで温めて
ちょっとだけ食感が回復しました。
できればこれはお店で焼き立てを食べるのがおすすめかも。

次回はクラシックミンスビーフやチョコ&チョコレートも試したい。
舞浜方面へ来るときの楽しみが増えましたね♪


と、まあ、こんな感じで、ペルーやオーストラリア、タイなど
あちこち旅した2日間でした。
テーブルの上には国境など存在しないのです。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ニアミス
chinekoさん
ご近所へ行かれてたのですね!
弊社はビンタン・バリの下にございます。
また、昨日の昼食はサライ・ケバブでした。
お近くにお出かけの際はぜひお立ち寄りください。
2016/07/07(Thu) 10:19 | URL  | ちちだー #-[ 編集]
>ちちだーさん
ありがとうございます。
また近いうちにぶらぶらしに行こうと思います。
2016/07/12(Tue) 14:03 | URL  | chineko #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック