2016年06月26日 (日) | edit |
先日、板橋の「仙華」でお昼を食べたときのこと。
メニューに「オムライス」と書いてあって興奮しちゃいました!
というのも、板橋でいつもオムライスを食べていた
「ニューナカノ」という定食屋さんが、ある日突然閉店してしまい、
それ以来お気に入りのオムライス屋さんが見つからなかったんです。

2016_06241133.jpg
で、この間の金曜日のお昼にまたまた「仙華」に寄ってみました。

2016_06240002.jpg 2016_06240001.jpg
ちょっと時間が早かったこともあって、お客さんは少なめ。
でも、基本的に男性客が多いな~

2016_06240005.jpg
もちろん私の注文はオムライス(¥750)。
フライパンの上で巻くタイプではなく、
あらかじめ焼いておいた玉子でライスを包むタイプです。

2016_06240006.jpg 2016_06240008.jpg
上にのっているグリンピースが中華屋さんを主張していますが……

2016_06240013.jpg
もっと中華屋さんを主張しているのは、このスープ。
中華スープというか、ラーメンスープなんですよね~
このスープが結構おいしいんです。

2016_06240012.jpg 2016_06240014.jpg
中のチキンライスは細かく切った鶏肉と玉ねぎスライス。
ケチャップ味ですが、酸味は飛ばしてあって甘みがあります。
それに対して上からかかっているケチャップは酸味強め。
玉子は包んであるだけなのでライスとの一体感はありませんが、
チキンライスがしっとりしていて美味しかったです。


2016_06241721.jpg 2016_06241722.jpg
で、夜は駅弁。(笑)
午後の仕事から夜の仕事に移動の途中、
新宿駅で乗り換えに15分ほど時間があったので、
NEWoMan(駅ナカの方)にある「ニッポンの駅弁」に寄り道です。
こういう使い方できるので、駅ナカも便利ですよね。
駅ナカのNEWoManはお菓子がメインの場所、惣菜がメインの場所、
お弁当類がメインの場所というようにエリアで分かれているので、
そういう点でも利用しやすい感じです。
扱っている駅弁は、南口の「駅弁屋 頂」と一部重複していて、
若干価格帯の高めのものが多い感じがします。

2016_06240015.jpg
            2016_06240017.jpg
購入したのは中村孝明監修の「特製懐石御膳」(¥1620)。
こちらのお店の売れ筋No.1は「賛否両論弁当」とのことでしたが、
それはもう前日に買って食べちゃってましたからね。(笑)
2日連続で食べるものでもないと思うので。

2016_06240023.jpg 2016_06240024.jpg

2016_06240025.jpg 2016_06240026.jpg
細かく仕切られた弁当箱には、たくさんのおかずが詰められています。
いろいろなものを少しずつ食べたいという欲求を満たしてくれます。
煮物もあれば、揚げものもあり、肉もあれば、野菜もあるという具合。
ただ、残念ながら魚はないようですね。

2016_06240034.jpg 2016_06240035.jpg 2016_06240038.jpg

2016_06240033.jpg 2016_06240036.jpg 2016_06240037.jpg

2016_06240044.jpg 2016_06240041.jpg 2016_06240039.jpg

2016_06240043.jpg 2016_06240042.jpg 2016_06240040.jpg
野菜の炊き合わせと茄子の煮浸し、胡桃の佃煮が◎。
玉子焼きは、普通の駅弁等にとりあえず入れてあって
私が「メッ!<`ヘ´>」と教育的指導を入れてしまうタイプのものと
同じものだったので残念でした。(^^;)

2016_06240019.jpg
ご飯の量は少なめ。
俵型になっていますが、握りがやわらかいので
お箸で持ち上げると崩れてきます。
このあたり、「駅弁」として見たときにいかがなものかと思いました。

「ニッポンの駅弁」はニュウマン内にあるということで
ルミネカード使用で5%オフになるし、
「帰ってからご飯を作る時間がないよー」というときにも
お弁当のバラエティもそこそこあるしで便利に使えそうですね。
これからも寄り道するのが楽しみになっちゃう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック