2016年06月06日 (月) | edit |
今日は夜の仕事がなくなったので、そのまま仕事帰りにディズニーシーへ。

2016_06060036.jpg
            2016_06060039.jpg
ディズニーリゾートラインに乗ったら、ダッフィー&フレンズライナーでした。
シートのふかふか感の摩耗が最近激しいのが哀しいところ。(笑)

2016_06060042.jpg
途中、キャストの皆さんが我々に手を振ってくれるのが見えました。
こういうところが好きなんですよね。
あ、そうそう、飛行機に乗ったとき、
離陸間際に整備士の皆さんが手を振ってくれる瞬間も好き。

2016_06060049.jpg
で、ディズニーシーに到着。

2016_06060063.jpg
            2016_06060061.jpg
メディテレーニアンハーバーではちょうど
「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」のショーをやっていたけど、
私はさっさと素通りです。(^^;)
だって、今日のテーマは……

2016_06060066.jpg
植物鑑賞ですから!

2016_06060070.jpg 2016_06060072.jpg
ディズニーランドとディズニーシーでは本当にたくさんの植物が
栽培されています。
年パスを買う前は、せいぜい年に1年くらいしか行けなかったので、
四季を通じて楽しむということがありませんでした。
でも、年パスなら、いつでも行けるので、
四季折々の風景を見ることができるんですよね。


2016_06060089.jpg
まずはアラビアンコーストに行ってみましょう。

2016_06060086.jpg
この木、何だかわかりますか?

2016_06060084.jpg
そう、アーモンドなんですよ!

2016_06060077.jpg 2016_06060080.jpg
ラグビーボール型の青梅というか杏というか、
そんな風情の実がなっています。
この果肉が落ちて中の殻を割ると、おなじみのアーモンドが出てくるわけです。

2016_06060095.jpg
他にもまだまだいろいろありますよ!

2016_06060092.jpg 2016_06060093.jpg
何だか面白い植物ですね。

2016_06060091.jpg
そしてアラビアンコーストからロストリバーデルタへ。

2016_06060096.jpg 2016_06060098.jpg
密林というだけあって、ここにも不思議な実ができています。

2016_06060099.jpg
あら、パイナップルもなってますね。

2016_06060106.jpg
これもちょっと変わった木。

2016_06060114.jpg 2016_06060109.jpg
何やら不思議な実ができてますね~

2016_06060116.jpg
これはすぐに分かりますね。

2016_06060118.jpg 2016_06060121.jpg
枇杷ですよ!
こういう実は最終的にどうなるかというと、基本的に放置なんだそうです。
このまま熟すまで木になっていれば、鳥が食べてくれるので
残ったものを処理するということをキャストのおねえさんが教えてくれました。
そうか、人間が食べるわけじゃないのね。(笑)

2016_06060124.jpg
おや、ここにも不思議な木が……

2016_06060127.jpg 2016_06060133.jpg
キョロちゃんみたいな蕾ですね。(笑)


2016_06060147.jpg 2016_06060150.jpg
さてさて、ポートディスカバリーにも植物はあふれています。

2016_06060153.jpg 2016_06060155.jpg

2016_06060158.jpg 2016_06060163.jpg

2016_06060169.jpg
そして、アメリカンウォーターフロントに到着。


2016_06060179.jpg 2016_06060173.jpg
さてさて、花より団子!?
ケープコッドのポップコーンワゴンで、
新しいポップコーンバケットを販売していました。
他のゲストが持っていて気になっていたんですよね~

2016_06060177.jpg 2016_06060178.jpg
今月から登場したというダッフィーのバケット!
結局買っちゃいました。(笑)
味はミルクチョコレート。
そう、麦チョコ風のポップコーンです。


2016_06060181.jpg
そしてアメリカンウォーターフロントといえばS.S.コロンビア号。
今日の夕食はこちら!

2016_06060236.jpg
テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ(長いので、以下TRLと略)です。
17時半くらいだったので、ウェイティングの列もなく、
すぐに席に案内してもらえました。
というよりも、全体的にすいていたのかも。
19時を過ぎてもまだ空席があったし、列もできてませんでしたからね~

2016_06060234.jpg 2016_06060197.jpg
私はカウンターではなくテーブルにしたのですが、
この重厚感のある雰囲気が素敵だと思うんです。

2016_06060190.jpg 2016_06060191.jpg
ここはフードメニューがあまり多くないので、
私はいつも「パストラミのグラハムサンドウィッチ、フライドポテト添え」と
「海老フライのグレインブレッドサンドウィッチ、フライドポテト添え」のローテーション。
今回はパストラミのグラハムの日です。(笑)

2016_06060214.jpg
そして、今日の目的の1つがコレ!
「東京ディズニーシー15周年記念ラベルワイン」です。

2016_06060207.jpg 2016_06060210.jpg
ワインメダル付きで白と赤のハーフボトルが¥2000、
スパークリングのハーフボトルが¥2800。
東京ディズニーシー15周年記念ラベルワインを置いているのは
「カフェ・ポルトフィーノ」「ホライズンベイ・レストラン」「リストランデ・ディ・カナレット」
「セイリングデイ・ビュッフェ」「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」「レストラン櫻」。
このうち、スパークリングを置いているのは「リストランデ・ディ・カナレット」
「セイリングデイ・ビュッフェ」「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」「レストラン櫻」です。
「マゼランズ」でもスパークリングワインを置いているらしいのですが、
そちらはフルボトルのみで少々お高めの価格になっているようです。

2016_06060217.jpg
では早速いただいてみましょう。
私が注文したのスパークリングワインは海をイメージした
淡いブルーに仕上がっていました。
柑橘系のさっぱりしたフルーティな味と香りです。
爽やかな夏向きのワインになっていると思います。
とても飲みやすかったですよ!

2016_06060226.jpg 2016_06060230.jpg
そうこうしているうちにサンドウィッチも来たので、
ワイングラス片手にサンドウィッチを頬張ります。

2016_06060232.jpg
最後にワインのエチケット(ラベル)も貰いました。
エチケットは瓶から剥がすのではなく、あらかじめ用意されたものを
渡されるみたいですね。

う~ん、お腹いっぱい!
ゴチソウサマでした。


2016_06060240.jpg 2016_06060242.jpg
腹ごなしにぶらぶら歩いて……

2016_06060244.jpg 2016_06060248.jpg
タワー・オブ・テラー・メモラビリアを覗くと、
なかなかかわいい帽子を見つけました。
これ、欲しいな~(買ってないよ!)
でも、それよりも……

2016_06060245.jpg
ウンウン、相当怖かったんだね。(≧∇≦)ノ
魂の抜けたミッキーの群れが並んでいました。(笑)


2016_06060252.jpg 2016_06060257.jpg
さらにぶらぶら歩きます。

2016_06060267.jpg
          2016_06060268.jpg
                    2016_06060270.jpg

2016_06060325.jpg 2016_06060327.jpg
さて、そろそろ「ファンタズミック!」が始まる頃ですね。


2016_06060353.jpg
いつもの場所からショーを鑑賞。

2016_06060432.jpg 2016_06060451.jpg
今回はフル・バージョンで観られてよかったです。

で、ここから大急ぎで移動。
ウィング・オブ・ウィッシュ号のところに戻ります!
そう、スカイハイ・ウィッシュの開始までわずか10分ですからね。


2016_06060562.jpg 2016_06060587.jpg

            2016_06060599.jpg

2016_06060600.jpg 2016_06060601.jpg

ウィング・オブ・ウィッシュ号の向こうに見える花火は綺麗でしたよ。
私は明日も朝イチで仕事なので、花火のあとすぐに帰りました。

2016_06068734.jpg 2016_06068735.jpg
帰りのDRLもダッフィー&フレンズライナーでした。

う~ん、楽しかった。
リフレッシュできました。
さあ、明日はディズニーランドですよ! (←エッ?)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック