2016年05月13日 (金) | edit |
今日は板橋ランチ。
板橋といえば「Brasserie MORI」でパスタを食べたいところですが、
「Brasserie MORI」は店舗改装のため休業中。
どこかでパスタを食べたい!
と思いつつ、板橋ではあまりイタリアンを思いつかないので
「パスタと中華麺、どっちも小麦粉だし、まあ、いいか」
という気分になってきました。

2016_05131132.jpg 2016_05131139.jpg
で、10年ぶりくらいに「中国家常菜 同心房」へ。
ここ、炒飯はイマイチだったけど、
担々麺は美味しかった記憶があるんですよね。

2016_05130003.jpg 2016_05130004.jpg
12時頃になるとお客さんで満席の店内。
2階席へも続々とお客さんが上がっていきます。

2016_05130001.jpg
私は5番の担々麺。
メニューには「坦々麺」って書いてあるけど、
まあ、つまり、その、担々麺なわけです。(^^;)
せっかくなのでガッツリいきたくて、
鉄鍋棒餃子(4本)も同時に注文。
食べ切れるかな~~~? (笑)

2016_05130005.jpg
まずは担々麺が到着。

2016_05130006.jpg 2016_05130009.jpg

2016_05130012.jpg 2016_05130013.jpg
担々麺にはたっぷりのモヤシと、大ぶりに刻んだ豚肉がのっています。
スープは芝麻醤がしっかりきいたコクのある日本風担々麺。
花椒もそこそこきいていて、美味しい担々麺です。
麺のモソッとした食感がまたいいですね~
大陸と日本のいいとこ取りって感じ。
ランチなのでライスもついているのですが、
このライスにスープがまたよく合います。
美味し。

2016_05130008.jpg 2016_05130010.jpg
ランチには小菜と杏仁豆腐もついてました。
杏仁豆腐はとろとろではなくゆるゆる系という感じ?
いや、日本語の擬音語・擬態語って難しいですね。

2016_05130016.jpg
そして熱々でジュウジュウ音を立てながら
鉄鍋棒餃子が出てきました!
よく、「中国には焼き餃子はないんだよねー」
「中国は水餃子なんだよねー」と言われますが、
実は北京のあたりにはこういうタイプの
両端を閉じない焼き餃子(锅贴)というのがあるのです。
上海も焼き餃子(煎饺)というのがありますしね。
中国ってホントに奥深いですヨ。(笑)

2016_05130018.jpg 2016_05130020.jpg
そしてこちらの棒餃子は豚肉たっぷり、ニラたっぷり。
ジューシーで肉汁があふれてきます。
十三香っぽい香辛料の香りもしますね。
薄味なので、自分でタレを作ってつけるのがおすすめ。
1本が12cmくらいあるので、4本だと結構な量になります。
でも、美味しいから食べちゃった!
ぜーんぶ残さず食べちゃった!
おかげでお腹はパンパンですけども。(笑)

ふぅ~、昼からお腹いっぱいになっちゃった!
あっちの席の餃子と生ビールのおじさんが羨ましい。
お手頃価格の前菜類も充実しているので、
ここで仕事帰りに1杯なんてのもいいなあ、と思いつつ
午後の仕事に向かうのでありました。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック