2016年03月21日 (月) | edit |
今日は大塚で日本酒会の予定だったので、
ちょっと早めに家を出て新大久保に寄り道。
新大久保と言えば韓国料理店や韓国コスメのメッカというイメージですが、
私が行きたいのは中国食材屋さんの「華僑服務社」。(^^;)

2016_03220096.jpg 2016_03220099.jpg
常備しているサツマイモ澱粉の春雨がそろそろ無くなりかけているので
補充するのが目的です。
自家製で作っているラー油もそろそろ無くなりかけているので
その材料の唐辛子や花椒も買わねばなりません。
さらに酸菜(中国の白菜漬)なども買ったりして、すっかり大荷物に。(笑)

目的のものが買えたので、このまま大塚に移動してもいいのですが、
日本酒会は21時15分からという遅い時間なので
その前に軽くお腹に何か入れておきましょう。

2016_03210004.jpg
そこで思い出したのが「上海生煎包」。
華僑服務社のすぐ隣にあって、いつも気になっていたんですよね~

2016_03210005.jpg 2016_03210006.jpg
生煎包がメインのお店ですが、麺類などもおいていて、
軽食スタイルのお店のようです。

2016_03210009.jpg
生煎包は2個200円、4個400円、6個600円。
その他、麻辣烫(マーラータン)、凉皮(幅広米麺の和え物)、凉面(冷麺)、
水饺(水餃子)などが500円、各种面(各種麺類)が330円。
さらに热茶蛋(お茶で煮た煮玉子)なんかも100円で用意されていて
まさに中国の片隅の食堂といった雰囲気。

2016_03210008.jpg 2016_03210019.jpg
中ではおばちゃん2人がテレビを見ながら食事をしていて、
私以外はお店の人もお客さんも全て中国人ばかり。
この雰囲気、懐かしいわ~
店内はカウンターのみで席は7席くらい。
「折りたたみ椅子で席はいくらでも増やします」的な感じ。(笑)

私の注文はもちろん生煎包♪
ほら、15年くらい前に生煎包を自分のHPなどでかなり紹介していたし、
当時ほとんど誰も知らなかった生煎包に
「焼き小籠包」という日本語訳を付けたのも多分私が最初ですからね~

2016_03210011.jpg 2016_03210012.jpg
生煎4個を注文すると、おばちゃんがあっという間に皿にのせて出してくれました。
あら~、作りおきだったのね……
温め直しもしてくれないのね……

2016_03210017.jpg 2016_03210018.jpg
ちょっとがっかりしながら生煎を観察します。
こちらの生煎は若干小ぶりです。
皮をめくってみるとスープよりも肉が主体の餡です。
皮はわりと薄めかな。

2016_03210007.jpg
黒酢とラー油(←私が自分で作るのに似てる)をつけていただきましょう。
生煎を口に入れてみると、そこそこスープは流れ出してきますが、
皮がちょっとニチャッとしていて歯にくっつきます。
肉餡の味はそんなに甘さはなくて食べやすいかも。
ああ、これでアツアツだったらよかったのに……
これはテイクアウトにして、家で温め直して食べた方がいいのかも。
この次は持ち帰りにしてみようかな。

2016_03210020.jpg
そして、ふと思いついて、お持ち帰りができるか聞いてみたら
持ち帰りOKということだったので、韭菜盒子(ニラ入り盒子)も注文してみました。
# テイクアウトは「打包(ダーパオ)」と言います。
韭菜盒子は3個で390円。
こちらは注文してからフライパンで焼いてくれたので、
アツアツの焼きたてが出てきました。
ちなみに「盒子」というのは、本来は「箱」という意味なのですが、
中国の東北地方で「盒子」というと、この餃子のオバケのようなものをさします。
餃子と違うのは生地をねるときにぬるま湯を使うところかな~?
炒り玉子とニラを混ぜた餡を包んで、端をねじりながら包むのも
形状の特徴といえるかも。

2016_03210021.jpg 2016_03210025.jpg
せっかくなのでアツアツのところを1個食べて、2個はお持ち帰りに。
手作り感のある盒子はニラの香りがふんわり立っていて美味しい。
自分でも簡単に作れるものですが、急に食べたくなったときや
小腹がすいたときにはおすすめの軽食です。

2016_03210037.jpg
ヨシヨシ、今度はテイクアウトで利用してみよう。
他の中国人のお客さんのように麺類の利用もいいかもね。


で、ようやく大塚に移動して。(笑)
でも、まだ約束の時間まで2時間近くあるので
どこかで座って休憩しましょう。

2016_03210031.jpg
大塚に来るのは10年以上ぶりなのですが、
記憶の片隅に「駅前にスタバがあった」というのが残っていたので、
駅の改札を出てキョロキョロ。
駅にアトレができていて、その中にもスタバが入っていましたが、
駅の北口の私の記憶通りの場所に路面店のスタバがありました。
そうそう、ここ、ここ。
確かあのとき、ふぐ鍋を食べに大塚に来て、
時間つぶしのためにこのスタバに入ったはず……

2016_03210036.jpg 2016_03210035.jpg
そっか、こんなに狭かったんですね。
記憶の中ではもうちょっと広かった。(笑)
確かあのときは外の見える(=外から見える)カウンターに座ったはず。
今日は奥のテーブルに座りましょう(←荷物が多いから)。

2016_03210032.jpg
まずはグランデのアイスコーヒーで一息。
あ~、ホッとする~♪
さらにワンモアコーヒーのレシートでアイスコーヒーを108円でおかわり。

2016_03210040.jpg 2016_03220093.jpg
せっかくなので、先日リニューアルしたばかりのバターミルクビスケットも
お持ち帰りで包んでもらいました。
以前よりバター使用量がUPしたとのこと。
温め直すと表面のさっくりとした食感が戻ってきます。
バターの香りはしっかりしていますが、ちょっと甘さが勝っちゃってるかな?
もう少し甘さひかえめだと、おやつだけでなく食事としてもいけるけど……

文庫本を片手にスタバでのんびりしていたら、
そろそろいい時間になってきました。
さあ、それでは今宵の日本酒会へと参りましょうか。
……そのお話は次のエントリーで。(^^;)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック