2016年03月10日 (木) | edit |
今日は久々のタイ料理。
そう、浅草のソンポーンです♪

2016_03100027.jpg 2016_03100028.jpg
お天気が今一つですが、浅草寺付近を散策。

2016_03100030.jpg 2016_03100031.jpg

2016_03100032.jpg 2016_03100034.jpg
せっかくの新しいカメラ。
もうちょっといいお天気ならよかったのに……
おみくじをひこうと思ったら100円玉がなかったワタクシ。
この時点ですでに運が尽きています。orz


浅草寺前のスタバでちょっと時間を潰してからソンポーンに向かいます。

2016_03100040.jpg
いつかはシーフードピラフを食べてみたいメヒコ。

            2016_03100041.jpg
            ホットサンドが気になるローヤル珈琲店。

2016_03100042.jpg
どこも似たような感じのモツ煮込み通り。

            2016_03100047.jpg
            行きたいのになかなか行けないやんばる食堂。


2016_03100048.jpg
そしてようやくソンポーンに到着。

2016_03100049.jpg
他のメンバーが揃う前に生ビールを1杯。
早く来た人から勝手に始めるのがウチラの流儀。
これが気楽で最高です。

さあ、それではいつものように怒涛のお料理、行っちゃいます!


2016_03100051.jpg
 ヤムタレー
1品目はコレ。
ヤム=和える、タレー=シーフード。
私、タイ語は習ったことがないのですが、
料理で使われるタイ語はだいたい決まっているので
いつの間にか覚えるようになりました。
タイ語に限らず、料理の名前は現地の言葉で覚えておくと重宝しますね。
そうでないと旅行をしたときにとても寂しいご飯になってしまいます。

2016_03100055.jpg 2016_03100056.jpg
カニカマなんかも入っていて、ああ、タイ風だなあと思います。
タイではカニカマをよく使うんですよね。
むしろ日本よりもカニカマを使っているのかも。


2016_03100058.jpg
 コームーヤーン
コー=喉、ムー=豚、ヤーン=炙り焼く。
中国料理も素材や調理法を組み合わせた料理名になるのですが
タイ料理も同じですね。

2016_03100062.jpg 2016_03100064.jpg
この酸っぱ辛いタレがまた美味しいんですよね~
肉の脂が酸味で中和されるというか……そんな感じです。


2016_03100068.jpg
 ホイ トォー
ホイ=貝、トォー(トード)=揚げる。
貝と言いつつ、普通は牡蠣で作ります。
私達は「牡蠣のお好み焼き」って呼んでます。

2016_03100069.jpg 2016_03100074.jpg
カリカリのところがまた美味しい。
ホイトードはソンポーンのが一番好き♪


2016_03100077.jpg
 ゲーン カヌン
ゲーン=スープ・汁物、カヌン=ジャックフルーツ。
なので日本でもメジャーになってきたグリーンカレーや
レッドカレーも「ゲーン」ということになります。
でも、いろいろなゲーンがあるんだよ~♪

2016_03100078.jpg 2016_03100080.jpg
ジャックフルーツとともに軟骨(沖縄で言うところのソーキ)が入っていて
コリコリの食感が美味しいんですよね~
病み付きになっちゃいます。


2016_03100081.jpg
 パッウンセン サイカイ
パッ(パット)=炒める、ウンセン=春雨、サイ=入れる、カイ=卵。
分かりやすい名前ですよね~
ちなみに否定の言葉は「マイ」なので「入れない」は「マイサイ」。
パクチー(香菜)が苦手な人は「マイ サイ パクチー」でOKです。

2016_03100083.jpg 2016_03100085.jpg
これは辛くなくてとても優しい味なので、
「辛いのが苦手だからタイ料理はちょっと……」という人にもおすすめ。
お好みで酢や唐辛子をかけて。


2016_03100087.jpg
 カノムチン ナムヤー プー
カノムチン=素麺状の生めん、ナム=水(スープ等)、ヤー=薬、プー=蟹。
今回初めて「ナムヤー」の「ヤー」が「薬」という意味だってことを知りました。
そうか、中国語で薬は「药(薬)・yào(ヤオ)」と言うのですが、
きっとこの音がタイに伝わったんですね。
ちなみに日本ではカノムチンは手に入らないので素麺で代用します。

2016_03100089.jpg 2016_03100091.jpg

2016_03100092.jpg 2016_03100093.jpg
蟹を生のまま殻ごとミキサーにかけてすりつぶし、
ここから殻を取り除いたものがたっぷり入ります。
カニカニカニカニ…………ウマイカニ?(笑)
ツルツルとつけ麺のようにいただいて、すっかり満腹に。


ああ。
やっぱりタイ語の文字も読めるようになりたいなー
久しぶりに新しい言語習得にトライしてみようかな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック