2016年01月19日 (火) | edit |
今月7日~今日まで京王百貨店で開催されていた
「元祖有名駅弁と全国のうまいもの大会」の実食編です。
※ 駅弁大会2016 【予習編】 はこちら

ではでは、行ってみましょう!
(基本的には食べた順にご紹介)


 「台鉄パイコー弁当」 台北駅 (2200円)

2016_01070160.jpg
まず、1つ目のお弁当はこちら。
2003年、2004年と京王の駅弁大会の目玉として登場し、
大人気のうちに完売した台鉄の駅弁です。
今年は以前のものとは少し内容が変更されていました。

2003_01200008.jpg  2003_01200009.jpg

2003_01200014.jpg  2003_01200013.jpg
ということで、参考までに、2003年に購入した「懐舊便當」(1450円)。

2004_01130002.jpg 2004_01130004.jpg
こちらは2004年に購入した「懐舊便當」(1500円)。
2003年はとくに大人気で、開店5分で完売するというヒートアップぶりが
テレビなどでも話題になりました。
2004年はわりと落ち着いていて、すんなり買えたのを覚えています。

2016_01070163.jpg 2016_01070164.jpg
そしてこちらが今回の台鉄パイコー弁当。
ご飯は普通の白ご飯。
おかずは豚肉、玉子、さつま揚げ。
以前のものの方がおいしかったですね。

2016_01070165.jpg
ちなみに今回のお弁当は、中身だけだと1000円ですが、
私はステンレス容器と巾着袋がセットになったものを購入したので
2200円というお値段になっています。
このお弁当箱、今年はガッツリ活用したいと思います。


 「海の宝箱丼」 米子駅駅 (1500円)

2016_01120001.jpg
特製の丼に入ったお弁当が「海の宝箱丼」です。

2016_01120005.jpg 2016_01120006.jpg

2016_01120007.jpg 2016_01120008.jpg
〆サバ、サーモン、いくら、玉子がのっていて彩りが綺麗です。
まさに宝石箱。
酢飯の加減もちょうどいいし、見た目も味も◎なお弁当でした。

2016_01160015.jpg
ちなみに丼の中はこんな感じになってます。


 「有田焼カレー」 有田駅 (1600円)

2016_01120014.jpg
今年リニューアルした有田焼カレー。
なんとお値段が1500円→1600円に上がりました!

2016_01120017.jpg 2016_01120018.jpg

2016_01160018.jpg
リニューアルしたのがあまりよく分からなかったのですが、
やっぱり美味しいカレーでした。
自分で卵を落とせばもっとよかったかも。


 「鮑の炊き込み飯」 小淵沢駅 (1400円)

2016_01120019.jpg
器が何とも風流です。

2016_01120022.jpg 2016_01120024.jpg

2016_01120026.jpg 2016_01120025.jpg
中には小ぶりの鮑が2つ。
炊き込みご飯には貝が入っているのですが、
ご飯がボソボソでイマイチ。
宮古駅のアワビまるごと弁当が懐かしいな~


 「炙りあなごめし」 広島駅 (1400円)

2016_01130110.jpg 2016_01130113.jpg
一昨年の駅弁大会で購入し、穴子の小ささに嘆いた「炙りあなごめし」
今年は実演で作っているところをチェックして
穴子が大きくなっていることを確認して購入しました。(笑)
ちなみにお値段も1280円→1400円にUPです。

2016_01130115.jpg 2016_01130118.jpg
今回、リニューアルした炙りあなごめし。
ほんのりレモン風味のあっさり味の穴子はふっくらとした食感です。
やっぱり穴子はおいしいですね~


 「のどぐろとサーモンといくらの弁当」 新潟駅 (1530円)

2016_01140001.jpg
今話題ののどぐろが入ったお弁当です。

2016_01140005.jpg 2016_01140009.jpg

2016_01140010.jpg 2016_01140011.jpg
酢飯ではなく、炊き込みご飯になっているところがポイント。
サーモンはとろっと口の中でとろけるほどにやわらかく、
のどぐろは独特の香りが鼻から抜けていくように香ばしくて、
とにかく最高に美味しいお弁当でした。
これ、今回のイチオシ!


 「ひつまぶし巻き」 名古屋駅 (1000円)

2016_01150009.jpg
毎日毎日輸送駅弁のコーナーを覗いては
「はぁ~、今日も品切れで買えなかった……」と肩を落とす日々。
しかし、ようやく私にもツキが回ってきました!
「入荷量を増やしたんですよ!」とのこと。
早速2本お買い上げ。

2016_01150020.jpg 2016_01150022.jpg

2016_01150032.jpg 2016_01150034.jpg

2016_01150036.jpg 2016_01150039.jpg
巻き寿司のような形状のひつまぶし巻きは、
お茶とワサビが付いています。
まずはそのままで。
しっかりタレのからんだご飯が美味しい!
うなぎもやわらかくて脂がのっています。
ワサビをつければさっぱりとして、
さらにお茶漬けにするとするする喉を通ります。
1000円でお値打ち満足な1本です。
……なんですが。
次の日、近所のスーパーの駅弁大会で山積みになってました。
私っていつもこんな感じ…………orz


 「ぶりかまめし 吹雪」 富山駅 (1200円)

2016_01150044.jpg
「ぶり釜飯」ではなくて、「ブリカマ飯」です。(笑)
これ、通常版は京王の地下食品フロアでも扱いがあるのですが、
「ぶりかまめし 吹雪」は初登場。
どう違うのか聞いてみたら、どうも要領を得なかったので買ってみました。
ちなみに通常版は1100円、吹雪は1200円。
通常版の方は以前は980円でしたが、今年から1100円に値上がりです。

2016_01150048.jpg 2016_01150053.jpg

2016_01150057.jpg 2016_01150060.jpg
大きなブリカマがどーんとのっていますよ!
酢飯の上にはかぶら酢漬や蟹身酢漬がのっていて
食感や香りも楽しいお弁当になっています。
箸でスッと切れるほどにやわらかいブリカマは、
もちろん骨まで食べることができます。
文句なく美味しいお弁当ですね。


 「大玉ほたてと大漁ウニ弁当」 新函館北斗駅 (1780円)

2016_01190001.jpg
北海道新幹線で開業する新函館北斗駅の駅弁を
京王の駅弁大会で先行発売!
新幹線開業記念ということで北陸新幹線金沢駅の
「のどぐろと香箱蟹弁当」(1600円)もあったのですが、
やっぱり帆立を食べたい、ということでこちらを買ってみました。

2016_01190006.jpg 2016_01190017.jpg

2016_01190020.jpg 2016_01190030.jpg
大粒のウニがぎっしりと敷き詰められていて、
大きな帆立とキラキラ輝くイクラがちりばめられています。
ご飯もふっくら香りのいい炊き込みご飯になっていて、
文句なく美味しいお弁当でした。
本当は列車の中で食べるのが一番美味しいと思うのですが、
今回は青空の下、仕事場近くの公園でいただきましたよ。


 「うに弁当」 久慈駅 (1470円)

2016_01190042.jpg
去年も買って食べたうに弁当。
去年美味しかったのでリピートです。

2016_01190044.jpg 2016_01190045.jpg

2016_01190046.jpg 2016_01190059.jpg
おばあちゃん達が1つ1つ心をこめて作ってくれるお弁当。
香りのいいうにめしも最高です。
おすすめのお弁当ですよ。


 [大阪府/会津屋] 元祖たこ焼き・元祖ラヂオ焼き

2016_01150011.jpg
駅弁だけでなく、会場では全国のうまいものも扱っています。
15年ぶりくらいに会津屋のたこ焼きを買ってみました。
行列ができていて、なかなか進まないのは、
会計にちょっと手間取っていたからのようです。(^^;)

2016_01150013.jpg 2016_01150016.jpg

2016_01150012.jpg 2016_01150017.jpg
今回は元祖たこ焼き(540円)と元祖ラヂオ焼き(648円)を買ってみました。
会津屋さんのたこ焼きは、生地に出汁の味がついているので
何もつけずにそのまま食べるのが特徴です。
ラヂオ焼きの方はすじコンニャクが入っています。
ただ……実演方式というのは良し悪しですね。
3人で焼いていたのですが、真ん中の人はとてもきれいな形に焼いているのに
両側の2人はいびつな形に崩れたたこ焼きに……
やっぱり形も味に影響するのではないでしょうか。
崩れてバラッとなっているよりも丸い形の方が
旨みも逃げないような気がします。
ソースなどをつけないのであっさりしていて、これはこれで美味しいですよ。
すじコンニャクの方はほとんど具が入ってなかったんですけどね……


京王の駅弁大会と同時期に、府中の伊勢丹では北海道展が開催されていました。
せっかくなので、そちらでもいくつか購入。

 [東京ドームホテル札幌] 猿払産ホタテとふらの和牛あいのり弁当(1780円)

2016_01140040.jpg
以前も購入した東京ドームホテル札幌のお弁当
今回は以前よりも安価なものをチョイス。

2016_01140042.jpg 2016_01140049.jpg

2016_01140048.jpg 2016_01140047.jpg
でも、5年物のホタテはふっくらと大きくて食べごたえがあります。
ふらの和牛もギュギュっと旨みが詰まっていて美味しい。
東京ドームホテルって都内の百貨店にはあまり出てこないんですよね。
でも、都心部の百貨店で同じ弁当を販売したら、
2000円は下らないと思うから府中でいいや。(笑)


 [函館市/マルヒロ太田食品] 男爵まるごとえびコロッケ・帆立コロッケ

2016_01140038.jpg
こちらも私のお気に入り太田食品のコロッケです。
タラバガニのコロッケを買いたかったのですが、すでに売り切れ。
泣く泣く海老を2個とホタテ1個の組み合わせにしました。

2016_01140052.jpg 2016_01150056.jpg
なめらかなジャガイモで包まれた海老と帆立の贅沢なコロッケは
それぞれ420円(タラバは540円)。
好きな組み合わせで3個セットにすると1080円。
都心部では絶対にやらないセット販売なので、伊勢丹府中店で買うとお得です。(笑)


というわけで、今年の駅弁大会では10種類の駅弁を食べました。
どれも美味しかったな~♪
年々、私の駅弁の選び方もうまくなっているようです。(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック