2016年01月05日 (火) | edit |
さてさて。
年末年始の大移動、帰省旅行も本日で終了。
東京に戻ります。

2016_01057942.jpg
ちょっと変な気分を味わっているモカさん。
いつもと違う気配を敏感に感じ取っているようです。

2016_01050679.jpg 2016_01050555.jpg
利用便は往路と同じANA。
なので出雲空港ではなくて米子空港から出発です。

この米子空港なのですが。
愛称は「米子鬼太郎空港」、正式名称は何と「美保飛行場」だったのです!
ここはそもそも航空自衛隊美保基地の敷地内にあって、
滑走路も自衛隊のものを共用させてもらっているのでした。
なので、空港ビルは出雲空港とほぼ同じくらいの規模なのですが、
滑走路だけは非常に面積が広いというアンバランス。
米子空港に降りたとき、着陸してからゲートまで移動するのに
ものすごく時間がかかったのは、滑走路が異常に長かったからなんですね。
そういえば、事故などで緊急に輸血用血液が必要になると
自衛隊の皆さんが献血に来てくれていたのですが、
あの方々はここから来てくれていたんですね。

2016_01050556.jpg 2016_01050559.jpg
1階ロビー。

2016_01050566.jpg 2016_01050570.jpg
2階ロビー。

2016_01050572.jpg
ここにも鬼太郎がドーン!

2016_01050575.jpg 2016_01050574.jpg
2階にはショップも並んでいます。

2016_01050573.jpg
こちらは「ANA FESTA」。

2016_01050576.jpg 2016_01050577.jpg
「BEE WING」が食品だけでなく雑貨などのお土産も扱っているのに対し、
「ANA FESTA」の方は基本的に食品がメイン。
鳥取県は「蟹取県」という方針を打ち出しているので
蟹を使った商品がいろいろ揃っています。
とろカニしゅうまいが美味しそう・・・
でも、私がここで買ったのは「のどぐろせんべい」。
錦織圭選手も大好きだというのどぐろ(赤ムツ)を練り込んだお煎餅は
お土産にもちょうどいいでしょ?(笑)
# 錦織圭選手が好きなのはのどぐろの魚の方で、煎餅ではありませんよ。(念のため)
もう1つのショップでは鳥取メーカーが発売しているのどぐろせんべいを扱っていましたが
こちらは島根のメーカーが発売しているのどぐろせんべいを売っていたので
ANA FESTAの方を選んじゃいました。(^^;)

実は先日、松江のイオン(旧サティ)でも買っていたのですが、
日持ちするし個包装になっていてお土産にちょうどいいので
追加で買うことにしたんです。
2枚×18袋(36枚)が箱に入って972円なので値段もお手頃です。


さてさて。
今度はお昼を食べに行きましょう。

2016_01050580.jpg 2016_01050579.jpg
こちらは「炉端かば」と「蕎麦処 阿礼」。

2016_01050578.jpg 2016_01050583.jpg
本日のお昼はこちら、「LA BAR(ラバール)」です。
田和山の今井書店の中にあるカフェと同じ系列のお店ですね。

2016_01050591.jpg 2016_01050600.jpg
店内は細長い感じですね。

2016_01050587.jpg 2016_01050590.jpg
「窓から飛行機が見える!」と思ったら、海上保安庁の飛行機でした。(^^;)

2016_01050592.jpg 2016_01050593.jpg
メニューはパスタがメインで、その他にベーグルサンドやデザートがあるようです。

2016_01050596.jpg
ってことで、私はパスタにパン&サラダセットとアイスコーヒーを付けました。

2016_01050597.jpg 2016_01050599.jpg
サラダのドレッシングはノーマルなフレンチドレッシング。
パンは食べずに母に進呈(←明日の朝食用にお持ち帰り)。

2016_01050603.jpg 2016_01050606.jpg
私が選んだのは「鳥取県産牛と茄子のミートソース」。

2016_01050601.jpg 2016_01050602.jpg
母の注文は「シンプルトマトソース」。

2016_01050607.jpg 2016_01050609.jpg
鳥取県産牛と茄子のミートソースの方はフェットチーネが使われています。
パスタがちょっとやわらかいですね……
そして湯きりがしっかりしていないのか、下の方にお湯がたまっています。
ミートソースそのものは挽肉がたっぷりはいっていて贅沢感がありますよ。
味は酸味強めのタイプ。
もうちょい甘めの方が挽肉の味に合うかな、と思いましたけども。

私たちが入った12時頃は飛行機が出発した後というタイミングだったので
ガラガラに空いていましたが、
14時半頃には東京便(270席)のお客さんが空港に集まってきたので
あっという間に満席になっていました。
米子空港ももう少し発着便が多いと賑わうでしょうね~


2016_01050613.jpg
食後、屋上の展望フロアに出てみました。

2016_01050611.jpg 2016_01050610.jpg
民間機と自衛隊機、海上保安庁の機体が乗り入れするんですね。

2016_01050617.jpg
こちらは海上保安庁。

2016_01050623.jpg 2016_01050627.jpg
こちらは航空自衛隊。

2016_01050629.jpg
出発便でも到着便でもない飛行機が走っていると思ったら、
自衛隊の練習用機体T-400でした。
この後、ゴーーーッと音を立てて飛んでいきましたよ。

2016_01050642.jpg
    2016_01050647.jpg
        2016_01050657.jpg
            2016_01050665.jpg
                2016_01050673.jpg
その後も自衛隊機(C-1)が離陸したり、
アシアナ航空機が着陸したりと軍民入り乱れる滑走路なのでした。


2016_01050685.jpg 2016_01050684.jpg
そして頃合を見計らって保安検査場を抜けて待合ロビーへ。
東京便の到着が遅れて、搭乗開始時刻も大幅にずれ込みました。
飛行機に乗ってからもしばらく待つことに……
機内では「出発が遅れて申し訳ございません」と
CAさんがプレミアムクラスの乗客に飲み物を配っていました。
機内が乾燥して喉がカラカラだったので、これは助かりました。
そしてキャンディも配りに来たので、1つ取ると、
「どうぞもっとお好きだけどうぞ。鷲掴みでお取りください」と言われました。
お言葉に甘えてもう2つ取りましたが、
「鷲掴み」という表現はいかがなものかと。(笑)

定員いっぱいの乗客を乗せた飛行機は15時50分頃に動き出しました。
# 定刻は15時25分。

2016_01050687.jpg
私はこの瞬間が一番好き。
整備士の方たちが飛行機に向かって手を振ってくれるんですよね。
自分たちの整備した飛行機が飛んでいくってどういう気分なのかな~?
やっぱり「ガンバレよ!」って思うのかしらん?

2016_01050691.jpg
飛行機は上空へ。

2016_01050693.jpg
        2016_01050699.jpg
と、ここでお待ちかねの機内食。
この時間帯は「Premium SABO」という軽食が出ます。

2016_01050705.jpg
        2016_01050704.jpg
■蒸し鶏とアーモンド入りパンプキンサラダのサンドイッチ
■3色ピーマンとイタリアンソーセージのデニッシュ
■2種類のオリーブ ハーブ風味のマリネ
■サーモントラウトのエスカベッシュ
■レモンのジュレ クリームチーズと共に
■「patisserie KIHACHI」監修のお菓子
■フィナンシェ
■はちみつマドレーヌ
■ショコラマドレーヌ
飲み物はスパークリングワインをお願いしたら、シャンパンが出てきました。
ウフフフ、昼シャンです♪ *^o^*

2016_01050706.jpg 2016_01050707.jpg

2016_01050708.jpg 2016_01050703.jpg
「レモンのジュレ クリームチーズと共に」というのが美味しかったです。
焼き菓子はお持ち帰りOKなので、専用の袋をもらって持ち帰りました。

ところで、今日は満席だったので、私の隣にも乗客がいます。
これが北川景子風の美人。
さすが美人ともなれば身だしなみも大事なのでしょう。
飛行機に乗って、まず化粧直し。
しばらく寝て、機内食を食べたら、また化粧直し。
私、美人じゃなくてよかったワ。(笑)

2016_01050716.jpg
        2016_01050723.jpg
そして飛行機は無事に羽田空港に到着しました。
モカさんももちろん元気。

ただし!
家に帰ってみたら、冷蔵庫が壊れてました。orz
冷凍庫の中身が完全に溶けていたので、壊れたのは昨日や一昨日ではないようです。
多分、年内に壊れたのでしょう。
年始早々、冷蔵庫を買いに行かねばならなくなってしまったワタクシなのでした。
2016年も前途多難……(泣)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック