2015年12月30日 (水) | edit |
さてさて。
帰省3日目。
今日はいよいよアレです。
今回の帰省でどうしても食べたかったアレを食べに行くのです。

2015_12300329.jpg
JRの線路の下をてくてく歩いて……

2015_12300330.jpg 2015_12300332.jpg
着いたところは「千鳥寿し」。

2015_12300335.jpg 2015_12300334.jpg
私が子どもの頃は「やよい」の前にあったのですが、
そのあたりが大規模に変わってしまったのでこちらに移転したんですね。
なので私は全くなじみのない、初めての場所ですが、
こちらのお寿司屋さんは私が子どもの頃から知っているんです。

2015_12300336.jpg
早速中に入ると……
「おひとりさま? 今日は予約でいっぱいで……」
何ですと!?
年末の営業は明日までで、明日は配達のみ。
今日も配達メインで2階の4席のみが利用可になっていました。
その4席がすでに予約済みだったんですね。
う~ん、子どもの頃に冬になると食べていた「むしずし」が
どうしても食べたくて来たんだけど。
ふと思いついて「持ち帰りならできますか?」と聞いてみると
容器代100円がかかるけどOKとのこと。
そういえば子どもの頃もお持ち帰りで食べてたっけ。

2015_12300337.jpg
というわけで、少し待ってお持ち帰り用のむしずしを作ってもらいました。
で、すぐ近くの松江駅の中の待合スペースのテーブルで早速包みを開きました。

2015_12300339.jpg 2015_12300340.jpg
ワクワクドキドキ……

2015_12300342.jpg
ジャジャ~~~ン!
これが「むしずし(蒸し寿司)」ですよ!
本当は木のセイロで蒸しあげるのですが、
これはお持ち帰り用なのでプラスチックのセイロになっています。
ちなみにこれは並(1180円)。
上(1780円)・特上(2380円)もありますよ。
私は昔食べていた懐かしの味を求めているので
上でも特上でもなく並を選びました。

2015_12300343.jpg 2015_12300348.jpg
ホカホカと湯気を上寿司飯の上にには
一面に錦糸玉子が敷かれていて、
そこに鶏肉や穴子、イカなどの具がのっています。
パッと見た感じは釜飯という感じ?
でも、これが松江の冬の風物詩の「むしずし」なんです。

2015_12300345.jpg 2015_12300346.jpg
アツアツに蒸しあげられたお寿司を早速いただきましょう。

2015_12300350.jpg
寿司飯は酢がそんなにきつくないので蒸されていてもむせることはありません。
ほどよいマイルドな酢飯でホッとします。
ここによく味のしみ込んだ椎茸やほぐした蟹の身がのっているので
いろいろな味が楽しめて、目にも舌にも美味しいお寿司なんですよ。
蒸し寿司では浪花寿司さんの方が有名かもしれませんが
私が子どもの頃に食べていたのは千鳥寿しの方なので、これが思い出の味。
新年は3日からオープンで、3日と4日は配達のみとのこと。
食べてみたい方は5日以降にお店に行ってみてくださいね~


さて。
食後はちょっとお買い物。

2015_12307864.jpg 2015_12307865.jpg
イオンには赤貝がたっぷりと並べられていました。
そうか、お正月といえば赤貝煮ですね。

2015_12300358.jpg 2015_12300359.jpg
私はお寿司を買っちゃいましたけどね。。。


家に帰ってから、モカさんをちょっと庭に出しました。

2015_12307872.jpg 2015_12307876.jpg
久しぶりの土の上。

2015_12307884.jpg 2015_12307886.jpg
ついでに門柱の上にのせてみたら、狛犬みたいになりました。(笑)

2015_12307887.jpg
「誰が狛犬でしゅか!?」
モカさん、ご立腹。(^^;)

2015_12300375.jpg 2015_12300378.jpg

2015_12300382.jpg 2015_12300383.jpg
家の中でも自由気ままに過ごすモカさんなのでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック