2015年12月15日 (火) | edit |
昨日に引き続いて、本日のお昼も麻婆豆腐。
食べるものは決まっていても、食べる店が決まらない。
何しろ浅草橋には中華料理屋さんが異様に多いんです。
あちこちに中華料理店があって、低価格帯での競争も激化。
隣り同士で500円ランチの戦いをしているエリアもあったりします。
そんなわけで迷いに迷ってしまうのが困ったところ。

2015_12150004.jpg
あ、そういえば先週、ちょっと人通りの少ないところに
中華料理屋さんを見つけたんだよな。
行ってみようっと。

2015_12150005.jpg 2015_12150003.jpg
「中国料理 龍」。
【龍】とは大きく出ましたね。(笑)

2015_12150015.jpg 2015_12150021.jpg
店の外から覗くと暗い感じでしたが、
中に入ってみるとそれなりに明るくて一安心。
ざっくりと中国テイストに殺風景な店内です。

2015_12150012.jpg 2015_12150011.jpg
30種以上ある定食メニューは全て730円。
夜も+100円で定食メニューが利用できます。

2015_12150020.jpg
こちらが四川麻婆豆腐定食。
辛口オーダーをしようと思って
日本人の店員さんに「辛口できますか?」と聞くと
「辛口にですか???」と聞きかえされたので、
「“加麻,加辣”で」と言うと中国人の店員さんを呼んできて
「“加麻,加辣”だって。わかる?」とさらに確認し、
中国人の店員さんは「ワカラナイ」と言いだし、
何が何だかさっぱり分からないスパイラルにはまりました。(^^;)

2015_12150026.jpg 2015_12150023.jpg

2015_12150027.jpg 2015_12150028.jpg
ちなみに定食には日替わり(基本的にはサラダ?)、
ザーサイ、スープ、杏仁豆腐が付いています。
杏仁豆腐はポリポリ系で杏仁の香りがしないタイプ。
そういえば最近、ちゃんとした杏仁豆腐を食べてないかも。
食べたいな~ ( ´Д`)

2015_12150035.jpg 2015_12150036.jpg
麻婆豆腐は絹ごし豆腐を使った、全体的にさらりとしたもの。
あまり濃度がありません。

2015_12150041.jpg 2015_12150039.jpg
一口食べてみたら甘かったので卓上のラー油をかけました。
ちなみにこの「甘かった」は、「辛くない」という意味の「甘い」ではなく、
「糖分の甘さ」の方の「甘い」です。
日本語って難しいね。
私の実家の方では塩辛い(東京では「しょっぱい」と言いますね)ことを
「辛い」というんです。
東京に出てきて、食べたうどんの汁がしょっぱかったので
「この汁、辛いね」と言ったら「全然辛くないよ?」と返され、
私は「辛い物が苦手な人」と誤解されそうになりました。
おっと、すみません、話がそれました。
麻婆豆腐に話を戻しますね。
「四川麻婆豆腐」と名前が付いていますが、
花椒のきいた正宗の麻婆豆腐ではなくて、
どちらかというと日本の中華屋や家庭で食べる感じの麻婆豆腐の味。
卓上のラー油が香ばしくて美味しかったので(もしかして自家製?)
そのラー油に助けられましたが、もうちょい花椒のビリビリが欲しかったな~


中国料理 龍 浅草橋2丁目店中華料理 / 浅草橋駅蔵前駅両国駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック