2015年11月02日 (月) | edit |
何度も利用しているJR赤羽駅の駅ナカ店舗。
以前も書いたように、駅構内は栄えている方の北改札口と
ちょっと寂しい方の南改札口に分かれています。
今日はちょっと寂しい方の南改札の方でお昼ご飯。

2015_11020001.jpg 2015_11020002.jpg
スパゲティやカレー、長崎ちゃんぽん、豚丼などのお店が並んでいますが……

2015_11020003.jpg 2015_11020004.jpg
今日は「TOKYO豚骨BASE」に行ってみましょう。
11時開店のところ、まだ10時59分なので店が開いていません。(^^;)

2015_11020007.jpg
11時を数分過ぎたところでようやく開店。
店名が「TOKYO豚骨BASE MADE by 博多一風堂」となっているということは、
一風堂がプロデュースしたラーメン屋さん、ということなんですね。
博多ラーメンといえば豚骨ですが、駅ナカということを意識しているのか、
豚骨ラーメン屋特有の獣臭は全くありません。

2015_11020009.jpg 2015_11020008.jpg
券売機の前で悩むこと数十秒。
ようやく注文するものが決まりました。
豚骨プレーンと迷いつつ、「豚骨醤油+赤羽うまか飯セット」(950円)と
「ハーフ餃子(5個)」(190円)にしてみました。
ちなみにハーフ餃子はランチタイム限定です!

2015_11020010.jpg 2015_11020013.jpg
食券を片手に店内へ。
あら~、なんだかオシャレ。
卓上には高菜漬や紅ショウガなどのトッピングが整然と並んでいます。
スタイリッシュとはこういうことを言うのではないでしょうか。
そして店内も全く臭いがありません。
別に豚骨ラーメンの臭みが嫌いなわけではありませんが、
駅ナカで仕事途中に寄ったりすることを考えると、
臭いがないのはありがたいですよね~

2015_11020019.jpg
最初に出てきたのがセットの「赤羽うまか飯」。

2015_11020014.jpg 2015_11020015.jpg
チャーシューと明太子とネギがのったご飯です。
ご飯はちょっとやわらかめ。
もう少しかたくしゃっきりしたご飯がいいな~
チャーシューはやわらかくて美味しいですね。
明太子は思っていたより唐辛子がきいていて、好みのタイプです。

2015_11020017.jpg
程なくして豚骨醤油が出てきました。
スープには臭みが全くなくて、とてもマイルド。
濃厚の一歩手前という感じでしょうか。

2015_11020016.jpg 2015_11020020.jpg
チャーシューにメンマ、モヤシとネギとナルトがのっています。
メンマは太めで食べごたえのある食感です。
このメンマやナルトがのっているところが、
純粋な博多ラーメンではなくて東京風にアレンジされた
豚骨醤油ラーメンと言えるのではないでしょうか。

2015_11020021.jpg 2015_11020025.jpg
麺は博多細麺よりも加水率が高めなんだそうです。
博多ラーメンの麺というより、香港麺に近い感じかも。
噛んだときにプツッと小気味よく切れる感じが香港麺っぽいんです。
途中で高菜やモヤシをのせて味変。
私、このラーメンはとっても好きかも。

2015_11020022.jpg
博多ひとくち餃子は10個380円なのですが、ハーフ餃子は5個入りです。
ひとくちならぬ半口くらい大きさの餃子で5個でもペロリ、
きっと10個でもペロリといけそうです。

2015_11020023.jpg 2015_11020026.jpg
普通の餃子よりもあっさりした味で、これなら倍の大きさでも
ペロリといけそうな勢いです。(笑)
餃子用の酢醤油が用意されていましたが、
つけずに食べても美味しかったです。

ふぅ、満足。
お腹いっぱいになりました。
美味しかった! ……んだけど。
食後しばらくしてから喉が渇いて我慢できなくなりました。
ラーメンスープが私にはちょっとしょっぱかったみたい。
美味しかったんですけどね。(^^;)


TOKYO豚骨BASE 赤羽店ラーメン / 赤羽駅赤羽岩淵駅志茂駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック