2015年10月24日 (土) | edit |
今日は荻窪へ。
せっかくなのでルミネ内のレストランでランチすることにしました。

2015_10240004.jpg 2015_10240002.jpg
で、「東京純豆腐」。
東京純豆腐といえば、昔は新宿三丁目のお店を
結構よく利用していました。
韓国料理にはまって新大久保に行くようになってからは
すっかりご無沙汰ですけどね。(笑)
でも、今回は荻窪ルミネの東京純豆腐です。

2015_10240030.jpg
          2015_10240029.jpg
                    2015_10240028.jpg
明るくて清潔な店内ですが、お客さんがあまりいません。
先客が4組ほどいたのですが、私が食べている間にみんな帰ってしまい、
最終的に客は私1人に。(^^;)
店員さんが5人くらいいたので、とても贅沢な環境と言えましょう。

2015_10240008.jpg  2015_10240009.jpg
東京純豆腐にはバリエーション豊かな純豆腐(スンドゥブ)チゲがあります。
まずは基本のチゲを選び、その出汁(スープ)を選び、
さらにトッピングや辛さを選ぶというシステムです。
期間限定の「鮭と舞茸のタルタルソース添えスンドゥブ」をオーダー。
スープは味噌、辛さはスーパーホット(5辛)。

2015_10240012.jpg
卓上の調味料などをチェックしながらしばし到着を待ちます。


2015_10240016.jpg
「鮭と舞茸のタルタルソース添えスンドゥブ」(¥1250)。
メニューの写真と全然違う……
海に浮かぶ大陸のような豆腐。
鮭はどこ?
舞茸はどこ?

2015_10240017.jpg 2015_10240023.jpg
下の方をひっくり返してみたら、3cm四方くらいの鮭が
2切れ出てきました。
舞茸もあるにはあるのですが、引っ張り出すのが大変でした。
味噌味のスープはしっかりしたお味ですが、ちょっと物足りないかな~
辛さも5辛(一番辛いのは6辛)ですが、そんなに辛くはありません。
(「食神 餃子王」の5番辛口を普通にぺろりと食べる人なので
あまり参考にはならないかもしれませんが……)
何よりも残念なのは、大陸のような豆腐の中心部分がまだ冷たかったこと。
スンドゥブチゲは熱々で火傷しそうな豆腐が楽しみなのですが、
やはり豆腐の塊が大きすぎて、中まで火が届かなかったようです。

2015_10240019.jpg 2015_10240024.jpg
「タルタルソースを入れすぎるとくどくなるので……」と店員さんに言われたので
「様子を見ながら入れる感じですか?」と聞くと
「はい、少しずつ入れてください」とのことでした。
実際にタルタルソースを入れてみた結果は……
タルタルソースは要りません!(^^;)
味噌味のスンドゥブチゲには合いませんでした。

2015_10240020.jpg 2015_10240022.jpg
こちらはパンチャン。
上品な味で美味しかったのですが、もう少し量があるといいのではないかと……
韓国料理屋さんと違ってパンチャンのおかわりはないですもんね。

2015_10240018.jpg
デザートはみかんゼリーでした。

サラダは別料金になっているのですが、
ランチなのでサラダ付きの献立になっていると
バランスがいいのではないかな、と思います。
久々のスンドゥブチゲ、ゴチソウサマでした。
今度は家で作ろうっと♪


東京純豆腐 ルミネ荻窪店韓国料理 / 荻窪駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック