2015年09月02日 (水) | edit |
今日は仕事の前に用事があって新宿へ。
無事に用も済ませることができたので、
ついでに新宿で昼ご飯を食べていくことにしました。

ここ最近実家でおとなしく和食や自分で作った浅漬けなどを食べて
おとなしく過ごしていたのですが、
どうにも辛くてバリバリと刺激のあるものが食べたくなってきました。
……となると、タイ料理?
もしくは唐辛子の浮かぶ韓国料理?

2015_09020002.jpg 2015_09020003.jpg
ぶらぶら歩いていて思い出したのが「湖南菜館」でした。
タイ料理でも韓国料理でもないじゃん!(笑)
湖南料理といえば中国料理。
毛沢東のふるさと、湖南省のお料理です。
ここ、開店したばかりの頃はランチをやっていたのですが、
いつの間にかランチをやめてしまって夜~深夜の営業に変わっていて
なかなか再訪できなかったお店なんです。
先月、エジプト帰りの友人と歩いていて、ランチタイムが復活したのを知りました。
ということで、迷わずGO!
実に7年ぶりということになりますね……
2015_09020005.jpg
ちなみにすぐ近くに(1軒おいた隣)には「満口香」という
中国東北料理のお店もあるのですが、こちらはまた別の機会に。

2015_09020030.jpg 2015_09020008.jpg
エレベーターで4階へ。
うん、ちゃんとランチをやってました。(笑)
先客は中国人の若者(学生さん?)10名。
ちょうど彼らも注文が終わったばかりのようです。
私はランチメニューから「水煮牛肉定食(牛肉と野菜のピリ辛煮定食)」。
他にも水煮魚定食、口水鶏定食、麻婆豆腐定食など、
四川料理では定番の料理がランチメニューとして並んでいます。
ちなみにランチ再開は今年の5月2日から。
それにともなって営業時間も12時~15時、17時~24時に変更。

2015_09020019.jpg 2015_09020018.jpg
雰囲気はアヤシイですが、入りやすい店(?)になったみたいです。

2015_09020021.jpg
さてさて。
こちらが「水煮牛肉定食(牛肉と野菜のピリ辛煮定食)」(¥1200)。
実はお料理が出てくるまで30分かかりました。
何と、ランチタイムの時間帯は厨師(シェフ)が一人でフロアも調理もやっていて、
とにかく大忙しだったんですね。
お隣の学生さんたちも最初の料理が出てきたのにライスが出てこなかったので
「ライスは? ライスはまだ?」と口々に叫んでいました。
厨師が「順番に出すから。一人でやってるから一度にはできないんだよ」と
落ち着いて対応したところ、若者たちは
「じゃあ手伝うよ!」と言って、ライスは自分たちで厨房まで取りに行ってました。
いい子たちじゃないか。(笑)
ちなみにこの厨師、日本語が若干不自由です。
基本的な単語は分かるようなのですが、ちょっとたどたどしい。
なのでランチタイムにお店に行く方は、そこのところを分かったうえでご訪問ください(笑)。

2015_09020024.jpg 2015_09020022.jpg
さてさて。
定食にはライス、小菜、漬物、スープがついています。
今日の小菜はキクラゲの和え物。
さっぱりして美味しいですね。

2015_09020025.jpg
水煮牛肉は「加辣(辛口)」でお願いしました。
なので、唐辛子が結構浮いています。
「水煮」と言いつつ、「ラー油煮」とも言うべきお料理なので、
辛さは相当なものです。
ですが、食べてみると、旨みがあってかなり美味しい。
ただ辛いだけじゃないんですよ。
この厨師、結構いい腕してるじゃありませんか。

2015_09020028.jpg 2015_09020029.jpg
紅いスープの下には牛肉とキャベツと豆モヤシ。
肉や野菜にもしっかり味がしみていて美味しい。
箸もレンゲも止まらず、一気に最後まで完食です。

厨師一人で頑張っているので、お隣の若者たちのところに
料理が運ばれてきたタイミングでお会計。
う~ん、美味しかった。
ゴチソウサマ。(←満腹です♪)

ヨシヨシ。
そのうちにここで夜の宴会をしちゃいましょ。
湖南料理を食べたい人、この指とま~れ!!!


湖南菜館中華料理 / 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック