FC2ブログ
2015年07月25日 (土) | edit |
ワタシ、世界で一番大きい花はラフレシアだと勘違いしてました。
本当は「ショクダイオオコンニャク」だったんですね。
しかも花が咲くと腐肉というか死臭がするらしい。
その臭いは2km先まで届くらしい。
そんなわけで「死体花」とも呼ばれるらしい。
そのショクダイオオコンニャクが現在小石川植物園から
神代植物公園に移動してきて展示されているとのこと。
そりゃもう、見てみたいじゃないですか。(笑)

残念ながら花が咲いていたのは22日なので
すでにもうしぼんではいるのですが、とりあえず見に行ってきました。

2015_07250001.jpg 2015_07250002.jpg
いつもは深大寺門から入るのですが、
今回は正門から入ってショクダイオオコンニャクを見て
そのまま深大寺に抜けるというルートを通ります。

2015_07250003.jpg
ショクダイオオコンニャクへの道がちゃんと書いてありました。(笑)
現在展示されているのはバラ園のテラス。
小石川植物園が改装で展示できないための
臨時的な措置なんですって。
ここ神代植物公園での展示は明日26日までなんですよ!

2015_07250006.jpg

          2015_07250011.jpg

                    2015_07250014.jpg

2015_07250019.jpg
ここが展示場所のテラスです。

2015_07250030.jpg 2015_07250031.jpg
ショクダイオオコンニャク(スマトラオオコンニャク)は
サトイモ科コンニャク属なんですって。
そっか~
ちゃんと蒟蒻芋ができるんだね。
これで作った蒟蒻を食べてみたい、とても。(笑)

さあ、それじゃ見てみますか。

2015_07250040.jpg
ショクダイオオコンニャク、ぐったり。(笑)

2015_07250027.jpg 2015_07250038.jpg
うなだれたペリカンにしか見えません!(≧∇≦)ノ

2015_07250028.jpg 2015_07250036.jpg
ちなみにこの赤キャベツみたいなのが萼(ガク)で、
これが開いてこの中にある花から臭いが漂う(襲ってくる!?)んですって。

2015_07250039.jpg
一番ビックリしたのがこの茎。
青竹くらいの太さがあって、とても芋とは思えないくらいの頑丈さ。
いや~、いいものを見せてもらいました。

2015_07250034.jpg
で、こちらが開花したときの写真。
花が咲いた22日は90分待ちの大行列ができていたらしいですよ。
「90分並んで、見るのはたった2分ですけどね~」と
警備のオジサンが言ってました。
7年に1回しか咲かないという花。
そりゃ珍しいけど90分待ちはご遠慮したい。(笑)
ちなみに花はすでにしぼんでいるので、
もう臭いは全くありませんでした。


2015_07250042.jpg

        2015_07250045.jpg

                2015_07250043.jpg

目的のものを見たので、深大寺へと抜けました。
神代植物公園は何度も来てるからね。(笑)


2015_07250052.jpg 2015_07250054.jpg
鬼燈まつりのときはあんなににぎやかだった
深大寺の境内も今日は静かで落ち着いています。

2015_07250060.jpg 2015_07250064.jpg
さあ、それではお蕎麦を食べに行きましょう。

2015_07250069.jpg
緑の木々の間を通り抜けて……

2015_07250079.jpg
本日の門前蕎麦はこちら、「湧水」さん。

2015_07250080.jpg 2015_07250081.jpg
周辺のお蕎麦屋さんには行列ができていないときでも、
なぜかここだけはいつもお客さんが並んでいて、
ずーっと気になっていたお蕎麦屋さんです。
今日も、12時前にもかかわらず行列ができていて、
私も15分ほど店の入口で並びました。
人数を聞かれたので「1人です」と答えたのですが(指も1本立てた!)、
「お連れ様はお揃いですか?」と聞かれました。
1人なのに「お連れ様」って……?(@@;)

2015_07250093.jpg
現在開催中の「調布・深大寺スタンプラリー」にも
こちらのお蕎麦屋さんは掲載されていて、
会計から100円引きのクーポンが使えます。

2015_07250098.jpg
こちらのおみせでは九割蕎麦もありますが、
私はノーマルな二八蕎麦でお願いしました。
ちなみに九割と二八では使っている蕎麦の産地が違うみたいですよ。

2015_07250092.jpg 2015_07250095.jpg
まずは深大寺ビール。
深大寺ビールはどこで飲んでも500円みたいですね。
私は何年ぶりかの深大寺ビールです。
以前、近所の酒屋さんで買ってきて飲んだことがあるのですが、
お店で飲むのは初めて。

2015_07250100.jpg
きれいな琥珀色で苦みのしっかりしたビールです。
どちらかというと味わい濃厚なタイプですね。

2015_07250110.jpg 2015_07250109.jpg
お蕎麦が出てくるまでかなり時間があったので、
店内をキョロキョロしてみました。
私が座ったのは1階のテーブルですが、
1階2階ともに座敷の席もありました。

2015_07250103.jpg 2015_07250090.jpg
外のテラス席もあって気持ちよさそう。
外の席ならペット連れOKみたいですよ。

2015_07250118.jpg
さて。
20分以上待って「まだかな~?」と思っていたところに
天ざる(¥1400)登場です。

2015_07250120.jpg 2015_07250121.jpg
お蕎麦は量が少なめ(大盛は+150円)。
隣席の若い女の子が「少ない……大盛りにすればよかった……」と呟いてました。

2015_07250116.jpg 2015_07250115.jpg
天ぷらは大葉、ししとう、茄子、南瓜、海老、三つ葉。
茄子は長茄子で、先の方に少しだけ切れ目が入っています。
衣は薄付き。

2015_07250119.jpg
そばつゆと天つゆは別々です。
これはうれしい。

2015_07250123.jpg 2015_07250124.jpg
お蕎麦は細めですがかなりしっかりしたコシがあります。
かためですが喉越しもいい感じです。
蕎麦の香りもちゃんとありますね。
深大寺の門前蕎麦の中では上位のお蕎麦だと思います。
「東京の蕎麦は苦手」とか言っていた私ですが、
何回か食べているうちに「夏には東京の蕎麦もいいかも」
と思い始めている自分がいます。(笑)

2015_07250125.jpg
最後にそば湯。
そばつゆは甘さひかえめタイプなので
そば湯で飲んでもスッキリしていました。


「湧水」を出て、深大寺の方に引き返します。

2015_07250075.jpg
途中に「深大寺水車館」というのがあったので覗いてみました。

2015_07250132.jpg 2015_07250133.jpg
入館無料の小さな施設です。
実際にこの石臼も(予約すれば)使えるんですって。


2015_07250149.jpg 2015_07250059.jpg
さて。
深大寺の参道に戻ってきました。
今日はもう1軒、「あめや」に寄っちゃいましょう。

2015_07250150.jpg 2015_07250151.jpg
ここはそばパンが有名ですが、夏向きの商品ではありません。(笑)
夏はやっぱりそばパンソフトとかかき氷のような冷たいものが人気です。

2015_07250159.jpg
          2015_07250163.jpg
私は「そばサンド」を1つ。
「きつね」と「たぬき」があるのですが、
ここ最近あちこちで稲荷神社を見かけているので
稲荷にあやかってキツネさんでいってみましょう。

2015_07250160.jpg 2015_07250161.jpg
パリパリの蕎麦バンズ(パンじゃないけど……)に甘辛のタレ。
お揚げは食べやすいように水気をしっかり切ってあります。
間に挟んである大葉が爽やかですね。
発売されたばかりの頃に食べたものより
蕎麦バンズ(だからパンじゃないって……)のパリパリ感が増した気がします。
外側はもちろんパリパリですが、中はしっとりしていて食べやすいですよ。
お蕎麦で作った和風かたやきそばという感じですね。
ん~、お腹いっぱい。

2015_07250162.jpg 2015_07250164.jpg

2015_07250170.jpg 2015_07250171.jpg
大暑は過ぎましたが、まだまだ夏本番、夏真っ盛りの深大寺。
またぶらりと寄ってみましょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック