2015年03月30日 (月) | edit |
お料理教室でお世話になっているashmama先生から
「行徳に美味しい台湾料理屋さんができましたよ!」との情報が。
何でも台湾の超有名な小籠包屋さん(誰でも名前を知っている!)で
点心師として働いていた方が小籠包を包んでいて、
しかもその他のお料理も絶品なんだとか。
それは素晴らしい。
ぜひ行かねば。

2015_03300038.jpg 2015_03300039.jpg
ってことで、本日予約を入れて行ってきました。
お店の名前は「台徳林(タイトクリン)」。
今年1月にオープンしたばかりで、
「台徳林」がオープンするまではタイ料理店だったんですって。
何となく店構えもタイ料理屋さんっぽいですよね。(笑)

2015_03300040.jpg 2015_03300042.jpg

2015_03300043.jpg 2015_03304646.jpg
入口ではタピオカドリンク(珍珠奶茶)の販売もありますよん。

2015_03300044.jpg 2015_03300051.jpg
ではでは、中に入ってみましょう。

2015_03300049.jpg 2015_03300082.jpg
4人掛けのテーブルが4つにカウンター4席。
おひとりさまでも大丈夫な仕様です。
今回私たちは5人だったので、贅沢にもテーブル2つを使わせていただきました。


2015_03300064.jpg
面子が揃ったところで乾杯!
もちろん台湾ビールですよ。

2015_03300045.jpg 2015_03300047.jpg
本日はashmama先生とashpapaさんもいらっしゃるので、
注文するお料理はおまかせして、ashmamaセレクトで行ってみましょう。

2015_03300052.jpg
おっと、壁に貼ってあるメニューも忘れちゃいけない。
このまかない料理、美味しそうじゃありませんか。

ではでは、怒涛のお料理、行きます!!!


2015_03300055.jpg 2015_03300057.jpg
まずはお通し。
干し豆腐と緑豆春雨を和えたものです。
ちょっとラー油を垂らすとウマウマ。
酒のつまみになりますね。

2015_03300060.jpg
★ 台湾特製豚足
甘辛くとろっとろに煮てある豚足!

2015_03300058.jpg 2015_03300061.jpg
箸でスッと切れます。
コラーゲンたっぷりでムチムチ。
明日のお肌、期待しちゃってください。(≧∇≦)ノ


2015_03300062.jpg 2015_03300059.jpg
★ 竹筍炒肉絲
竹の子と肉を細切りにして炒めたものです。
ピリ辛って感じでビールが進みますね~(笑)


2015_03300065.jpg 2015_03300067.jpg
★ 麻油鶏
こちらはメニューに載っていないものなので、
あらかじめお願いしておきました。
胡麻油で生姜と鶏肉を炒めて、米酒で1日煮込みます。
塩は入れず、鶏から出る出汁だけでいただくという滋養料理。
台湾では産後の女性が食べるのだとか。
韓国の参鶏湯みたいな感じですね。

2015_03300070.jpg
ほら、こんなに生姜が入ってます!
煮込んでアルコール分は飛ばしてあるのですが、
お酒が苦手な方は無理かも。
でも、生姜のおかげで身体がポカポカになります。
冬の寒いときにぜひ食べたい。


2015_03300071.jpg
★ 乾麺
酸菜と和えた麺ですね。

2015_03300072.jpg 2015_03300073.jpg
ほい、麺リフト。(笑)
そしてよーく混ぜ混ぜして……

2015_03300074.jpg 2015_03300076.jpg
いっただっきま~す♪
乾麺独特のモソモソした歯ごたえがチープな感じで
台湾の屋台を彷彿とさせます。
台湾の屋台で乾麺を食べたことはないですケド。(笑)


2015_03300078.jpg 2015_03300079.jpg
★ 虱目魚(サバヒー)
これがちょっと珍しいお魚です。
「虱目魚」と書いて「サバヒー」と読むのです。
サバヒー目のサバヒー科に分類されるサバヒー。
何が何だかよく分かりませんが、
サバとフナを足して2で割ったような感じです。
淡泊な白身の中にベロベロと脂身があります。
食べるときは小骨に注意してね♪


2015_03300100.jpg
さて。
瓶ビールのお次は缶の台湾ビール。(笑)


2015_03300114.jpg
★ 台徳林のまかない料理
これがなかなか面白い料理で、小籠包の餡に高菜を混ぜたようなものに
卵を落として蒸しあげたものです。

2015_03300117.jpg 2015_03300126.jpg
玉子がちょうど半熟加減でいい頃合。
「ご飯と一緒に食べるといいよ!」とお店の方にすすめられたので
早速ご飯にのせてみました。
ウマァ~~~♪ ( ´Д`)
これ、家でも絶対やってみる!


ここでいよいよ真打ち小籠包のお出ましです。

2015_03300091.jpg 2015_03300107.jpg
点心師のおねえさんが皮をのばして餡を包みます。
迷いのないスピーディーでスムーズな作業。
さすが鼎●豊の点心師。

2015_03300110.jpg
襞の数は19。
この数もお店によってそれぞれ決まりがあるみたいですよ。


2015_03300127.jpg 2015_03300128.jpg
★ 小籠包
蒸し上がりました!

2015_03300148.jpg 2015_03300129.jpg
てっぷんてっぷん。
たぷたぷに膨らんだ愛らしいお腹です。(笑)

2015_03300130.jpg 2015_03300132.jpg
上海の小籠包は甘めのスープが多いのですが、
こちらは甘みが少なくて、全体的に薄味のあっさりした小籠包です。
生姜がよく合います。


2015_03300118.jpg 2015_03300120.jpg
★ 高菜小籠包
こちらは高菜入りの小籠包。

2015_03300123.jpg 2015_03300125.jpg
高菜の食感がいいアクセントになってます。


2015_03300138.jpg 2015_03300141.jpg
★ 韮菜蒸餃
さらに餃子も、ということで、ニラ入り蒸し餃子。
ニラの量はひかえめ。
もうちょっとニラが入っていてもいいかな~


2015_03300136.jpg 2015_03300142.jpg
★ 蝦仁蒸餃
海老入り蒸し餃子です。
ゴロンと入った海老がうれしい。
餡にも海老の出汁が広がっていて美味しい。


2015_03300144.jpg 2015_03300145.jpg
★ 魯肉飯
せっかくだから魯肉飯も食べたいね、ってことで、
1つ注文して5人でシェア。

2015_03300147.jpg 2015_03300153.jpg
薄味であっさりした魯肉飯。
八角の香りは少なめですが、台湾の街角で食べたあの味です。
懐かしい。


2015_03300155.jpg
★ 芋泥小籠包
これは珍しいタロイモ小籠包ですよ!
ちなみに「泥」は「ドロ」ではなくて「すりおろし」とか「潰してペーストにする」
という意味ですからね~

2015_03300156.jpg 2015_03300157.jpg
タロイモのほのかな甘さとホクホクした食感で
里芋やジャガイモともまた違った味なんですね。
1個2個つまむとちょうどいいおやつになりそうです。


2015_03300158.jpg
★ 拌黄瓜
終盤になぜかビールのアテが。(笑)
かなりニンニクがきいていたので、次の日に人と合う約束があるときは
絶対に注文してはいけません。(^^;)
でも、胡瓜の食感が病み付きに。


2015_03300160.jpg 2015_03300164.jpg
★ 南瓜小籠包
最後に「カボチャの小籠包も注文しちゃった♪」とashmamaさん。(笑)
ハイ、ウェルカムです。(≧∇≦)ノ

2015_03300165.jpg 2015_03300167.jpg
タロイモ同様、カボチャを潰した素朴な味。
あんのたっぷり入ったカボチャ饅頭的要素たっぷりで
これはこれで美味しかったです。


ひゃあ~、お腹いっぱい。
もうこれ以上お腹には何も入りません!
満腹満足です。
ゴチソウサマでした。
そのうちスケジュールをすり合わせて、貸切で点心祭りしちゃいましょう。


台徳林台湾料理 / 行徳駅

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック