2015年01月18日 (日) | edit |
昨夜は浅草のソンポーン。

その前にまずは新宿京王の催事場でお買い物して
(ちゃんと保冷剤と保冷バッグも持って行ったよ!)、
ルミネの書店で取り寄せていた本を買って、
H&Mに寄ってセールの服を見て(買ってない!)、
伊勢丹のデパ地下催事を見て(こっちも買ってない!)、
それから浅草に向かいました。

時計を見たら、まだちょっと早かったので、
ロック座の近くのドンキでアーモンドセサミをお買い上げ。
そのままソンポーンまで歩いて行ったら
ちょうどいい時間になりました。

2015_01170010.jpg
我々には「早く着いたら先に飲んでいい」という暗黙のルールがあるので
とりあえず早期到着組で乾杯です。
今回はユキちゃんが予約をダブルブッキングしていて
5席のカウンターに6人ということになってしまったので、
「私たちの料理は後回しでいいから、
一見さんのお客さんに先にお料理を出してあげて」とお願いして
我々はアルコールだけひたすら飲んでおりました。(^^;)
ちなみに1品目が出てきたのは私たちが到着してから1時間後ですからね。(笑)

2015_01170013.jpg 2015_01170016.jpg
 スップ マクア
「今日はネーム無い。来週作るから。ゴメンナサイ」と謝るユキちゃん。
私たちはここではメニューを見ないで、
そのときにできる料理を出してもらうことにしているので、
そのときの仕入れ状況によっては作れない料理もあるんです。
なので、「スップマクアかヤムマクアできる?」と聞いてみると
「スップマクア、大丈夫」ということで、1品目。

2015_01170018.jpg 2015_01170019.jpg
とろ~んとやわらかい茄子。
しかし……カ、カライ!
辛さに耐性のある私たちですが、鼻水が出るほど辛いです。(笑)
でも美味い。
多分、酸味と甘みと辛みのバランスがいいんですね。
もう箸がとまらな~い。
これ、バゲットにのせてブルスケッタみたいにしても美味しいと思う~


2015_01170021.jpg
 ラープ ムー
何か「お肉を~」ということでラープムー。

2015_01170022.jpg 2015_01170025.jpg
豚皮やレバーも入っていて「痛風まっしぐら」な感じですが
それでも美味しけりゃいいじゃないの。
だって毎日食べるわけじゃないんだもん。
今回、レバーは火の通し加減がしっかりめでしたが
やわらかくて臭みもなくて美味しかった!
レバーが食べられなかった私よ、どこへ行った!?(笑)
そういえばレバーが食べられるようになったきっかけは
志木にあった「飯饌(パンチャン)」で食べたレバ味噌だったな~
今はもう閉店しちゃったみたいだけど。


2015_01170029.jpg 2015_01170028.jpg
 ゲーン キーレック
「ゲーンもお願い!」と言って出てきたのがコレ。
キーレックというのは日本語では「鉄刀木(タガヤサン)」と言うらしい。
安眠効果のあるハーブで、デトックスにも効果ありとのこと。
んじゃ、これを食べて身体の中の悪いものを出しちゃいますかね~(笑)

2015_01170030.jpg 2015_01170032.jpg
キーレックの葉には苦みがあるらしいんだけど、
これは全然苦くない!
むしろすっきりした風味で私は好きだゾ。
食感は梅菜とか高菜のような感じ。
これをココナッツミルク入りのカレー仕立てにしているわけだけど、
こってりしすぎず「カレーは飲み物」的な味わい。
思わずご飯を追加オーダーしちゃいました。


2015_01170034.jpg
 パッ ペッ タレー
シーフードの炒め物。
この赤さは辛さです。(笑)

2015_01170035.jpg 2015_01170036.jpg
海老、イカ、竹の子などが入っていて具だくさん。
バランスよくいろいろ食べられるのがうれしい。


2015_01170038.jpg
 パッ ミー コラート
〆は麺。
「今日はセンヤイ無い」と言うユキちゃん。
センヤイというのはきしめんくらいの太さのビーフンね。
センレックはあるということだったので、
それを使ってちょっと辛めの麺を作ってもらいました。

2015_01170040.jpg 2015_01170041.jpg
モチモチの米麺。
自分で作ると麺が団子になっちゃうんだけど、
ちゃんとほぐれてるセンレックは戻し方とか炒め方に
コツがあるんだろうな、と思う。
そしてタイの麺には酢が非常に相性がいいというのもまた事実。
私はたっぷりと酢をかけていただきました。
さっぱり味になるので、いくらでもお腹に入っちゃう。

はぅ~~~、満腹。
というわけで、昨夜も大満足のソンポーンでした♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック