2014年09月03日 (水) | edit |
今日のお昼はソラマチで。
ソラマチのレストランは食べ尽くした気もしますが、
実はまだまだ行っていないお店があるのです。
その一つが「たまひで いちの」。
そう、人形町の「玉ひで」の姉妹店。
連日、人形町のお店では親子丼を食べるための行列ができていると聞きます。
その親子丼がソラマチで食べられるということで
随分前から気になっていたのでした。

2014_09030077.jpg 2014_09030078.jpg
12時過ぎに着きましたが(1階でスマホの落し物を拾って届けたりしたので
ちょっと予定より遅くなっちゃった!)
この時間で行列は私以外に3組ほど。
5分ほどで席に案内されました。


2014_09030037.jpg
ちなみにこちらのお店、昼は親子丼のみの営業です。
おひとりさま1オーダーが原則です。
入口入ったところで先に注文とお会計をすませます。

2014_09030038.jpg 2014_09030041.jpg

2014_09030039.jpg 2014_09030040.jpg
親子丼の種類は
・ “粋”親子丼 (1500円・小1400円)
・ 白レバ入り親子丼 (1900円)
・ むさし親子丼 (1900円)
以上の3種。
お子様メニューは「お子様膳」(1300円)というのがあって、
“粋”親子丼にオレンジジュースがついているようです。

2014_09030056.jpg 2014_09030044.jpg 2014_09030061.jpg
席は全てカウンター。
3人以上のグループだとちょっと辛いかもしれないですね。

2014_09030054.jpg 2014_09030057.jpg

2014_09030048.jpg
席に着いて待っていると、端の席から順に鶏つくねスープが出てきました。
「温かいうちにお召し上がりください」ということで、
親子丼が到着するまで箸をつけるのが掟のようです。
(注:ランチに箸は付きません。レンゲのみです!)

2014_09030050.jpg 2014_09030053.jpg
この鶏つくねはそれ自体にしっかりと味がついていて
ぷりんとした食感で美味しかったです。
スープはやや薄めのあっさり味。

そうこうしているうちに、店内に甘い香りが漂ってきました。
これは味醂でしょうか。
その甘い香りとともに、端から順に親子丼が出てきました。

2014_09030064.jpg
          2014_09030073.jpg
私が注文したのは白レバ入り親子丼。
ちょっと広口のどんぶり全面を覆う玉子の層。
ここに鶏肉や白レバが見え隠れしています。

2014_09030071.jpg 2014_09030069.jpg
鶏肉はもも肉とむね肉、そこにフォアグラ風の白レバが混じっています。

2014_09030075.jpg 2014_09030066.jpg
ではでは、いただきます♪
鶏つくねスープ同様、鶏肉にはしっかりした味がついています。
さらに玉子でとじられた出汁もしっかりしたお味。
かなり甘みがあるうえに、かなりしょっぱさを感じます。
全体的に味が濃い。
ご飯の層が薄いので、どこを食べても全てが塩辛い……
鶏肉の方は美味しかったのですが、
白レバの方はちょっと苦みがありました。

「玉ひで」の親子丼と「たまひで いちの」の親子丼は
それぞれ使用している割り下が違っているとのこと。
ということは私の好みの親子丼の味は、人形町でいただけるのかもしれません。
これは人形町「玉ひで」の行列に並んでみなければ……
ですよね?


たまひで いちの ( 押上 / 親子丼 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



たまひで いちの親子丼 / 押上駅とうきょうスカイツリー駅本所吾妻橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック