FC2ブログ
2014年04月22日 (火) | edit |
先日テレビを見ていたら、何やら気になるビジュアルのラーメンが。
その名も「野郎ラーメン」と言うらしい。
中でも「豚野郎ラーメン」というのがなかなかの盛りで、
これを注文した客はもれなく「豚野郎のお客様!」と呼ばれ、
ドMなら肩を震わせて喜ぶらしい。(@@;)
豚野郎。
呼ばれてみたい 食べてみたい。
とても ~~~

2009_04220012.jpg
ちょうど火曜日は浅草橋まで行く日。
浅草橋には西口を出たところに野郎ラーメンがあるのです♪

2014_04220014.jpg 2014_04220015.jpg
これこれ。
この山盛りモヤシに大きな豚。
ああ、早く食べたい!

2014_04220016.jpg
店に入ると、コの字型になっているカウンターは満席。
4~5人の 豚野郎 お客様がウェイティング。
とりあえずボンヤリ突っ立っている男性客をかき分け、
券売機で食券を購入。
タッチパネル式で分かりやすい券売機です。

2014_04220021.jpg 2014_04220019.jpg
店内の壁には魅惑的なメニューが貼られていて、
ちょっと心惹かれたりするわけですが、
まだ仕事の途中なのでビールは我慢です。(^^;)

2014_04220018.jpg 2014_04220029.jpg
お店に入ってから席に着くまで約10分、
席に着いてから注文の品が出てくるまで約15分、
この25分の間には数々のドラマがありました。
お向かいのオジサマ、注文したのは味玉野郎なのに
味噌野郎が来ちゃったんですね。
その隣の若者、実は味噌野郎を注文していたのに
オジサマの注文した味玉野郎が間違って運ばれてきたとき、
何の疑問も持たずに食べ始めちゃったわけです。
ここでオジサマと若者はとりあえずおさまったのですが、
フロアの店員さんと厨房の店員さんがいろいろもめ始めて
そこからあとのオーダーがしばらくストップ。(^^;)
ラーメンを待っている野郎たちはちょっとイラッとしてました(笑)。
私の後で味玉野郎を注文した就活中の女子学生は
「ただいま味玉野郎には無料でライスをお付けできますがいかがですか?」と言われ
「じゃあお願いします」と答えていたにも関わらず、
テンパった店員さんによりライスは完璧に忘れられていて
とうとう最後までライスは出てこなかったようです。(≧∇≦)ノ


2014_04220024.jpg 2014_04220025.jpg
さて、そんな私はあれほど「豚野郎のお客様~♥」と呼ばれたかったのに
思わず味玉の魅力に負けてしまい、「味玉野郎のお客様」になりました。(^^;)
焼き豚は大きいけど、思ったより薄い(というかペラッペラ?)
これなら豚野郎でも全然食べられそう。
山盛りのモヤシはシャキシャキで胡椒がきいていますが、
味はついていないのでスープに沈めて食べるのが正解のようです。

2014_04220028.jpg 2014_04220030.jpg
麺は極太ひら打ち麺にしてみました。
切り方があまりなめらかではなくて、麺がちょっとギザギザです。
食感は伊勢うどんの麺をちょっと彷彿とさせる感じ(?)です。
味玉はいい具合の半熟です。
スープは見た目よりあっさりしていて意外とするするお腹に入ります。
これなら豚野郎でも全然問題なく食べられそう♪
野郎ラーメンが700円、味玉野郎が750円、豚野郎が900円。
じゃあ、この次は「豚野郎のお客様~♥」ね♪(笑)

2014_04220017.jpg 2014_04220022.jpg 2014_04220023.jpg
ちなみにカウンターの上にはこんな薀蓄も書いてありました。
待ち時間が結構長いので、こういうのを読みながら待つのがオススメです。
ま、1分くらいで読み終わっちゃいますけどね(笑)。


野郎ラーメン 浅草橋店 ( / ラーメン全般 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



野郎ラーメン 浅草橋店ラーメン / 浅草橋駅馬喰町駅馬喰横山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック