2014年03月24日 (月) | edit |
「いろいろな日本酒を飲まないか?」とのお誘いを受け
池尻大橋の駅近くにある「つくしのこ」にお邪魔してきました。

しかしながらその前に、
「早く着きすぎるから目黒川の桜を見に行こう」
と言う者有り。
桜、まだ咲いてないって。(^^;)

2014_03240011.jpg
        2014_03240015.jpg
                2014_03240017.jpg
ええ、案の定桜は全然で真っ暗でしたとも。(笑)
予定では今日頃には蕾もほころぶはずだったんですけどね~

2014_03240009.jpg 2014_03240019.jpg
で、気を取り直して「つくしのこ」。
看板はありません。
基本的に一見さんお断り?
私も友人に連れて行ってもらえなければ多分入れなかった。(^^;)

2014_03240021.jpg 2014_03240022.jpg
まず最初に天寶一の仕込水がどーんと登場。
これをチェイサーに日本酒をぐぃぐぃいくわけですね。

2014_03240023.jpg
店内には所狭しと日本酒の名前が貼り付けられています。
この中からお好みのものを選んで
どんどん注文していくというシステムのようです。

2014_03240036.jpg 2014_03240028.jpg
呑兵衛5名+ワタクシ(私はあまり飲めない……)が揃ったところで乾杯!
最初の1杯は獺祭(だっさい)の発泡が出てきます。
カワウソのロゴがかわいい。(笑)
これは軽~く飲めるお酒です。

そしてお料理をゆるゆるとつまみながら
日本酒をあれこれ飲み比べていくわけですが、
まずはお料理の紹介から。
ちなみにお料理に関しては全ておまかせで出てきます。
冬の間は鍋があるので、鍋の種類は選べるようです。

2014_03240025.jpg 2014_03240030.jpg
最初は鮭にとろ~りと酒粕がかかっているのが出てきました。
鮭は肉厚でやわらか~い。
酒粕がまたほどよい塩加減でお酒がすすみそう。

2014_03240026.jpg 2014_03240031.jpg
次に出てきた鰤大根は大根が思いのほか大きい!
でもしっかりと炊き上げてあるので箸がスッと入ります。
色は濃いのですが、味はそんなに塩辛くありません。
これまたいい塩梅です。

2014_03240039.jpg
続いて生若芽。
愛知産のものだそうです。
ブキッとした食感の茎とコリッとした食感の葉の部分。
あっさりした甘酢味。

2014_03240051.jpg 2014_03240053.jpg
そしてお造りの盛り合わせ。
マグロは凍っていたので口の中が瞬時に冷たくなりましたが
全体的に厚切りになっているので食べごたえがあります。
日本酒と魚は合いますね。

2014_03240066.jpg 2014_03240071.jpg
そして今回楽しみにしていた鍋。
予約を入れてもらうときに「イノシシとカモとどっちがいい?」と聞かれたので
「そりゃあイノシシだろう」と答えておいたのですが、
なんとまさかの「イノシシの仕入れが不可!」との連絡を数日前にもらい
急遽カモでお願いしたのでした。
きれいな赤い色をした鴨肉。
鴨はやっぱり脂がウマイよね。

2014_03240073.jpg 2014_03240076.jpg
ぐつぐつと煮えていくとセリが顔を出します。
この冬は私もセリにはまったので、とっても嬉しい。

2014_03240077.jpg
        2014_03240078.jpg
                2014_03240079.jpg
家ではセリの根っこは食べませんが(水栽培して再生させるから)
ここでは心置きなくいただきます。
しっかりした噛みごたえのある鴨肉美味し。
やわらかく味のしみた豆腐もウマ~♪

2014_03240080.jpg 2014_03240083.jpg
あんなに大きな鍋もすっかり中身が減り、
〆のうどんを4玉入れてもらいました。

2014_03240085.jpg
うどんにも肉や野菜の味がしみて美味しい。
思わずおかわりをして汁まで啜り尽くすワタクシ。

2014_03240088.jpg
最後にひっそりと出される野沢菜漬。
塩っぱいお漬物をアテにまた酒がすすんでしまうのでした。


というわけで、今回のお酒を一挙公開。
1回のオーダーで4種類ずつ注文し、6回戦まで行きました。
5回戦終わったところで「あと4本で5000円になるよ」と言われたので、
お料理+1人4本で5000円くらいの計算になるようですね。

2014_03240042.jpg 2014_03240047.jpg
まず最初はこの4本。
奈良萬、天寶一、花陽浴、阿櫻。
私はこの中では天寶一が一番飲みやすかったと思います。

2014_03240049.jpg 2014_03240054.jpg
次はこの5本。
鏡山、星自慢、村祐、十旭日、ロ万。
この中では燗になっていた十旭日が結構好きですね。

2014_03240060.jpg 2014_03240057.jpg

2014_03240061.jpg 2014_03240062.jpg
お次はこの4本。
南、悦凱陣、李白(にごり)、生瓶のどぶ。
生瓶のどぶは思ったよりもクセが強かったですね。
李白はにごりじゃない方が好きかも。

2014_03240070.jpg 2014_03240087.jpg
その次がこちらの4本
仙禽、三芳菊、蓬莱鶴、新政(やまユ)。
仙禽と新政がよかったです。
スッキリした感じ。

最後にこの3本(4本あったはずだけど写真に写ってない!)。
獺祭、ロ万、陸奥八仙。
獺祭は最初の発泡のものとはまた違って
しっかりと日本酒日本酒したお味でした。

フルーティなものからどっしりしたものまであれこれ飲んでみましたが
自分の好みはすっきりした辛口なんだな、ということが分かりました。
またいろいろ飲み比べて、さらに自分の好みの酒を見つけていきたいですね。


というわけで、呑兵衛ではない私もしっかり最後まで日本酒を堪能しました。
ゴチソウサマでした。
帰りはもちろん午前様だったわけですが(酒を飲んだらそうこなくっちゃ!)
そこはブログの魔法でチョチョイと日付を戻してupしておきます。(笑)


つくしのこ ( 池尻大橋 / 日本酒 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



つくしのこ居酒屋 / 池尻大橋駅駒場東大前駅神泉駅

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック