2014年03月05日 (水) | edit |
1月にタイ料理の食事会をしたとき
「御徒町の新竹に行ってみませんか?」とのお誘いをいただきました。
台湾客家料理のお店なんですって。
中国の料理で「意外にも客家の料理が元祖」ってのが
結構あったりするんですよね。
ただ、中国の場合「ウチが元祖ヨ!」「ウチが本家ヨ!」
みたいなことをお互いに言い合っているので
実際のところはよくわからなかったりするんですが。(^^;)

2014_03040042.jpg
というわけで、御徒町の「新竹」。
上野の駅ナカでパンを買ったり、アメ横をぶらついたり、
御徒町のスタバで時間つぶしをしたりしてから
ようやく新竹に到着です。(笑)

2014_03040044.jpg 2014_03040043.jpg
ちゃんと看板にも「客家料理」の文字。
「客家」は「ハッカ」って読んでね。
客家はもともと福建のあたりの人たちなので
閩南(ビンナン)語系の言葉を使ってます。
だから「客」も「キャク」とか「カク」ではなくて
「ハク」と読ませるわけですね。
あ、どーでもいい情報でスミマセン。

とりあえず中に入りましょ!

2014_03040045.jpg
お~、今日は円卓ですか。
5人だけど。(笑)

2014_03040108.jpg 2014_03040109.jpg
このがらんと殺風景なところが中国っぽいですよね。

メニューはこんな感じなんですが……
 ↓
2014_03040052.jpg 2014_03040053.jpg

2014_03040054.jpg 2014_03040055.jpg

2014_03040056.jpg 2014_03040057.jpg

2014_03040058.jpg 2014_03040059.jpg

2014_03040047.jpg 2014_03040046.jpg
壁にも貼ってあったりします。
【私たち】「百合の花(金針菜)、食べたいんだけど」
【店の人】「今日はありません!」
【私たち】「サツマイモの葉を食べたいんだけど」
【店の人】「それは夏のメニューですね!」
【私たち】「三杯鶏は?」
【店の人】「台湾バジルが夏の物なので今はありません!」
【私たち】「燻製鶏は?」
【店の人】「入荷無しです!」
ムムムム……
注文、ちょっと待って。(^^;)
最初から戦略を立て直さなきゃ。

2014_03040048.jpg 2014_03040051.jpg
というわけで、生ビールで乾杯しつつ
お通しの茹で落花生を食べながら、
メニューとにらめっこしながらオーダーを決めていきました。


2014_03040060.jpg
★ 牛筋肉(牛筋肉の煮込み)
スジ肉というよりもスネ肉ですね。
しっかり味がついていてやわらかい煮込み肉です。
牛ハムのような感じでビールがグイグイと……

2014_03040061.jpg
★ 豆腐絲(台湾豆腐細切りの和え物)
定番の豆腐絲。
あっさりさっぱり。
え? 豆腐絲を食べたことがない?
そういう人はぜひ一度食べてみることをお勧めします。

2014_03040064.jpg
★ 蘿蔔糕(大根たっぷり入り餅)
私たちの知っている大根餅は、
わりと油っこくてモチッとした感じのものですが、
ここのはふんわりとやわらかいんですね。
ニンニク醤油で食べるというのもなんだか台湾的。
シジミの醤油漬けが食べたくなっちゃうな~

2014_03040065.jpg 2014_03040066.jpg
★ 梅菜扣肉(台湾高菜と豚バラ醤油煮)
客家料理といったらコレ!
四川や湖南でも「梅菜扣肉の元祖はウチ!」と主張しているので
実際にはどこが本家か分かりませんが。(笑)
発酵させた高菜漬とやわらかく煮た豚バラ。
こってりしょっぱくてご飯が欲しくなる~♪

2014_03040070.jpg
★ 客家小炒(するめとセロリの炒め)
スルメを水で戻して使うんですよね。
生のイカとは違うムッチリした歯ごたえのスルメです。
セロリがシャキシャキしているので
歯ごたえと歯ざわりの違いが面白いと思います。
セロリは食べられるようになっておかないと損するぞ!(笑)

2014_03040074.jpg
★ A菜
何かと思ったら、ロメインレタスに似た青菜なんだそうです。
かすかな苦みのあるシャキシャキの菜っ葉。

2014_03040075.jpg 2014_03040078.jpg
★ 水餃子
お肉ぎっしり。
味がついているのでラー油風の唐辛子だけつけて食べました。

2014_03040079.jpg
★ 炒米粉(新竹ビーフン炒め)
台湾と言ったら新竹米粉!
ビーフンってポソポソした食感のが多いのですが
ここのはふわっと軽いのが特長。
こういうビーフンは初めて食べました。
美味しい!

2014_03040082.jpg 2014_03040084.jpg
★ 台湾啤酒
そして忘れちゃいけないのが台湾ビール。
アルコール分はそこそこあるのですが軽い飲み口です。

2014_03040085.jpg
★ マコモ茸
私の大好きなマコモダケ。
実はここに来る前にアメ横の中国食材屋でマコモダケを見たばかりだったので
どうしても食べたくなってしまったのでした。
シャキシャキとした食感が気持ちいいマコモダケです。

2014_03040086.jpg 2014_03040087.jpg
★ 煮あひる(台湾あひるの燻製揚げ)
三杯鶏も燻製鶏もなかったので煮あひるを。
やわらかくて鴨のローストのような感じ。
このままパンではさんで食べてもよさそうです。

2014_03040089.jpg 2014_03040099.jpg
★ 炒牛蛙(客家風蛙の揚げ炒め)
ええ、食べたかったんです、カエルが。
ケロケロケロケロ…………
ちょっと歯ごたえのある鶏肉って感じ。
やっぱりカエルは美味しいですね。
(ウサギもハトもワニも美味しいけど……)

2014_03040091.jpg 2014_03040093.jpg
★ 客家飯(台湾高菜と挽肉の醤油煮丼)
台湾というと魯肉飯が有名ですが、こちらは客家飯。
肉と高菜を煮込んだ丼になってます。
しっかり味のしみたそぼろが美味しい♪
もうちょっと汁ダクで食べたかった!
ちなみに今回は5人だったので、煮玉子を2個(1/2のものを4個)追加しました。
ワガママでゴメンネ。

2014_03040094.jpg 2014_03040096.jpg
★ 湯圓
「何かスープはありませんか?」と尋ねたところ
「湯圓があります」ってことでお願いしました。
湯圓はお団子のことなのですが、
普通は中に黒胡麻や砂糖が入っていて甘いデザートなんですよね。
ところがこれは干し海老や椎茸やニラの入ったスープに
ぷかぷかと小さめのお団子(湯圓)が浮かんでいるわけです。
ちょっと面白いスープだな~、と思いました。

2014_03040103.jpg
        2014_03040104.jpg
                2014_03040106.jpg
★ 仙草ゼリー
★ 杏仁プリン
★ 愛玉ゼリー
最後にデザート。
3種類オーダーして5人でシェアしました。
量は結構たっぷりしていましたよ。
食べてみて、それぞれ仙草ゼリー派、杏仁プリン派、
愛玉ゼリー派に分かれました。
私は断然、仙草ゼリー派。
やっぱり台湾と言ったらコレでしょう。(笑)
いや、もちろん愛玉子も台湾の名物ですけど。

2014_03040100.jpg
そして、お茶。
カップとポットが可愛らしかったです。


うひぃ~っ、お腹いっぱいになっちゃった!
そんなパンパンなお腹を抱えて、私は岩本町まで歩きましたとサ。(笑)
今度は夏限定のメニューも食べに行かなくちゃね♪


台湾客家料理 新竹 ( 仲御徒町 / 台湾料理 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



台湾客家料理 新竹台湾料理 / 仲御徒町駅御徒町駅末広町駅

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック