2014年02月11日 (火) | edit |
今日は建国記念の日。
つまり世間的には祝日でお休みだったわけですが
私はチョイと午前中にお仕事。
で、仕事が終わったらもちろん昼ご飯。
北京人の同事(=同僚)Kさんと上野までやってきました。
雪のちらつく中をぶらぶら歩きながら
どの店がいいかなあと思案しながらアメ横の裏辺りを
キョロキョロしていたところ、
ふと1軒の店を思い出しました。

2014_02110020.jpg
「千里香」。
前にこの辺りを歩いていて見つけたお店。
羊肉串の看板に心惹かれていた店でした。

2014_02110019.jpg 2014_02110018.jpg
店の入口には人気メニューの写真と炭火。

2014_02110002.jpg 2014_02110001.jpg
時間的にがら空きだったので広い席に通されてくつろいでいたら
店の阿姨がこう言うわけです。
「アンタ達2人だからアッチの(狭い)席に移動しなさいよ!」
すると私の北京人のKさんもこう言うわけです。
「何言ってんの! さっきココでいいって言ったじゃないの!
 絶対移らないわよ!」
中国語での2人の激烈な応酬。
当事者にして傍観者になりつつある私は
「まあ、北京人にまかせとけばいいや」と放置プレイ。
結局のところ席の移動はしなくてよくなりましたが。
で、サービスで出てくるおかず3種をつまみながら注文。
実は私、この落花生が好きなんですよ。
甘塩っぱいの。

2014_02110003.jpg 2014_02110004.jpg
久しぶりに羊肉串が食べたかったので5本ほどお願いしました。

2014_02110005.jpg
これ、串が自動でくるくる回るんですよ。
スゴイ!!!
なかなか便利な代物で、焼きむらができないようになってます。

2014_02110009.jpg 2014_02110011.jpg
早速焼き立てをガブリ。
ちょっと羊肉が小さいかな。
もう少し大きいと中がしっとりするんだけどな~
羊の臭みは無いけど必ずしも私の中の
Best3に入る羊肉串ではありませんでしたね。。。

2014_02110010.jpg
せっかくの中国東北料理・延辺料理の店なので
東北っぽい料理をということで「地三鮮」。
シャキッとした青胡椒(ピーマン)とトロッとした茄子と
ホクッとした土豆(ジャガイモ)のコントラストがいいんですよね。
私、これ大好き。
北京人のKさんは地三鮮を食べたことがないと言っていたので
これが彼女の初体験。(笑)
結構気に入ってもらえたようです。
ちなみにこの地三鮮は作る人によって味付けが変わるので
塩味だったり醤油味だったり、それはそれはいろいろです。

2014_02110013.jpg
そして東北料理といったら老虎菜。
東北大拉皮(東北風の板春雨の和え物)も捨てがたいのですが
何しろ今日は私たち2人だけ。
東北大拉皮は量も多いので、他のものが食べられなくなっちゃいます。
ということで香菜と葱と胡瓜をを和えた老虎菜。
落花生がのってるのは初めて見ました。(笑)
冬だからなのか香菜の量が少ない……
でもさっぱりした味はやっぱり東北の味ですね。

2014_02110012.jpg 2014_02110014.jpg
さらに東北の味ということで「酸菜排骨燉粉条」を。
スペアリブと春雨と酸菜の煮込みです。
酸菜は中国北方独特の酸味のある白菜漬。
これが入るとグッと北の味になります。
土鍋でグツグツ言いながら出てくるので温まります。
酸菜の酸味が食欲をそそる~♪
これまた中国では家庭によって味が違うので
日本のお味噌汁のような感覚ですね。

追加で米飯を1つもらってKさんと半分こしながら
久しぶりの東北料理を楽しみました。
あ~、米腸(韓国で言うところのスンデ)や
韭菜盒子(ニラ玉子の大きな餃子)も食べたかったな~
まぁ、韭菜盒子は自分で作ればいいか。(笑)


2014_02110015.jpg 2014_02110016.jpg
メニューのこのあたり、東北と延辺の気配濃厚です。
あ、でも狗肉は美味しいですよ。
この店では食べたことないけど、
中国で食べたときは美味しくいただきました。
食べるとすぐに体がポカポカして温まるの。
でもあのときは夏真っ盛りだったので
あんまり温まりたくなかったなあと思いながらメニューを眺める冬の午後。

この次はもう少し多めの人数で来て、いろいろな料理を注文したいですね~


千里香 上野店 ( / 中華料理その他 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



千里香 上野店中華料理 / 御徒町駅上野御徒町駅仲御徒町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック