2014年02月02日 (日) | edit |
中華街のお話の続きです。(^^;)
中華街の中のお店も結構変わりましたよね~

2014_02010013.jpg 2014_02010011.jpg
朝陽門を入ってすぐのところには
スターバックスとサンマルクカフェがあります。
サンマルクカフェのところは
去年までは老舗の中華料理店があったんですよ。(@@;)

2014_02010015.jpg 2014_02010018.jpg
大通りに入ると、江戸清大通り店と鵬天閣があります。
江戸清大通り店はあまりに入口に近いので
ここを通り過ぎて本店に向かうことが多いですね。
鵬天閣の焼き小籠包も結構美味しいですよん。
昔は全然行列ができていなかったのに
今年は長蛇の列で買うのを断念しました。(^^;)


2014_02010021.jpg 2014_02010043.jpg
さてさて。
中華街に来て最初の食べ歩きは「江戸清本店」で。
店頭には立派なチャーシューも並んでいますが……

2014_02010025.jpg 2014_02010024.jpg
私のお目当てはもちろんブタまんです。
500円という値段に思わず「何ボッてんの!?」と
思ってしまいそうですが、
実はこのブタまん(肉まん)はすごく大きいんですよね。

2014_02010026.jpg 2014_02010028.jpg

2014_02010029.jpg 2014_02010030.jpg
ほら、あの白くてホカホカ湯気をあげているのが
江戸清自慢のブタまんですよ!

2014_02010031.jpg 2014_02010035.jpg
私が受け取ったブタまんはフォトジェニックではありませんでしたが、
片手に余る大きさでチョンチョンチョンと3つのくぼみが特徴です。
私の顔の大きさと比べてもこんなに大きい!

2014_02010040.jpg 2014_02010041.jpg
半分に割るとジュワッと肉汁がしみ出してきます。
豚肉とキャベツがメインのあっさり味ですが
海老が結構入っていて香りが口の中に広がります。
人によって好みはあると思うけど
私はここのブタまんが好きなんです♪
ふわふわの皮もおいしいよ。


2014_02010046.jpg 2014_02010048.jpg

2014_02010050.jpg 2014_02010057.jpg
その他にも新しいお店が開店したりしているので
キョロキョロしながら歩いていくと結構楽しめます。

2014_02010044.jpg 2014_02010051.jpg
そしてこちらは「王府井」の1号店と2号店。
今回は行列を横目にパス。
本当は食べたいけどね~

2014_02010060.jpg
こちらは大珍楼。
ここのフカヒレまんが好きで、昔は来るたびに食べてました。
結構フカヒレがたくさん入ってるんだよ~

2014_02010062.jpg 2014_02010064.jpg
こちらは皇朝。
中華街に何店舗もあるお店です。
ここの肉まんは小ぶりで90円。
食べやすくておすすめですよん。

2014_02010067.jpg
昨日は春節期間の土曜日だったので
通常300円の肉まんを180円で売っているお店もありましたよ~

2014_02010092.jpg
関帝廟の横にある「口福」。

2014_02010090.jpg 2014_02010091.jpg
ここの台湾腸詰、おすすめです。
今回は夜の食事会をひかえているのでパスですが……

2014_02010097.jpg 2014_02010098.jpg
このあたりも新しいお店ができてますね。

2014_02010104.jpg 2014_02010105.jpg
まるた小屋の300円の中華そばもおすすめ。

2014_02010110.jpg 2014_02010109.jpg
ここは煎餅果子をお好み焼きとして売ってますね。


2014_02010116.jpg 2014_02010171.jpg
さてさて。
私は去年「謝朋酒樓」で「揚げUFO」というのを見つけました。
今年もまだちゃんと売ってました!
去年食べたかったけど、他のものを食べてしまったので
お腹に入る余地がなかったんですよね。
今回はこのためにお腹に余裕を作っておきました!

2014_02010118.jpg 2014_02010170.jpg
福建の「海蛎饼(海蠣餅)」みたいでしょ?
誰1人買っていかないのですが、
私はこれがどうしても食べたかったんです。(笑)
早速1個注文して、揚げあがるのを待ちました。

2014_02010175.jpg 2014_02010178.jpg
生地をお玉に流して作る海蛎饼。
中には牡蠣ではなくて海老と豚バラ肉、
そしてたっぷりのキャベツにニラ、
セオリー通りの海苔が入っています。
キャベツがジューシーで生地がカリカリで美味しい!
揚げたては本当に熱いけど、その熱さがうれしい。
ん~、あったまりました♪


2014_02010188.jpg 2014_02010189.jpg
さてさて。
ここで春節娯楽表演のイベントまでちょっと時間があったので
スタバで休憩することにしました。
ここから山下町公園は近いですからね。

2014_02010183.jpg 2014_02010185.jpg
場所柄なのか中国語と英語で説明が書いてありました。
中国語はなぜか簡体字と繁体字が混ざってます。(^^;)
店内は結構混み合っていたのですが
あまり長居する人はいなかったので
ちょっと待っていればすぐに席を見つけることができます。
私もソファ席に座ってコーヒーブレイク。
何しろ昨日はコーヒーを飲んでいなかったので
体がカフェイン不足を訴えていたのでした。

2014_02010184.jpg 2014_02010187.jpg
コーヒーはもちろんいつものスタバの味。
ここのテーブルはコーヒー豆のカスを
リサイクルして作られたものでした。
こういうのっていいですね。
他の店舗にも広がってくれればいいのにな。


さて、春節の獅子舞イベントを見たあとは……

2014_02010167.jpg 2014_02010375.jpg
山下町公園の入口にお店を広げている
おばあちゃんから台湾腸詰を買いました。
去年も売りに来ていたんだけど
今年も来てるかなあ、と期待していたら
やっぱりおばあちゃんが来てました。

2014_02010376.jpg 2014_02010508.jpg
6本入りで1000円。
かなりお安いと思います。
友人も欲しいとメールが入ったので、私は2パック購入。
冷凍しておけば長持ちするよ。


2014_02010385.jpg 2014_02010379.jpg
中華街でのお買い物も終えて
中国茶を飲みに行こうと思ってぶらぶら歩いていたら、
公正和」で「蛋塔酥」という幟を見つけました。

2014_02010380.jpg 2014_02010382.jpg
蛋塔と言ったらエッグタルト。
ここの肉まんも有名だけど、エッグタルトは気になる!
私が学生の頃にこのあたりでよく買っていたエッグタルトは
タルト生地を使ったものばかりだったけど、
上海でパイ生地のエッグタルトを食べるようになってからは
タルト生地のエッグタルトでは物足りなくなってしまったんです。
1個200円、4個だと740円だったので、もちろん4個。
食べ歩き用には焼き立てアツアツを出してくれますが、
持ち帰り用には冷蔵庫で冷やしたものを出してくれます。
これなら持ち帰るのも安心♪

2014_02010381.jpg 2014_02010383.jpg

2014_02010502.jpg 2014_02010504.jpg
昨日はさすがにお腹いっぱいだったので
今夜のおやつに食べてみました。
オーブントースターで5分ほど温めると
パイ生地がサクサクになります。
中のカスタード部分はとろりとした食感が残っていて
卵の黄身の味が濃い感じです。
美味しい……けど、この大きさ(直径約4cm)だと
あっという間に2個ペロリと食べられてしまうので
ちょっと勿体ない。(^^;)
もうちょっとお値段が安ければいいな、と思うけど、
まあこれもお土産価格ってことですよね。


さあ、それではいよいよ今回の中華街での最終目的地、
中国茶房 悠香房」へ。

2014_02010387.jpg 2014_02010388.jpg
善隣門を出て、そのまま真っ直ぐ歩くと
右手に見えてくるのが悠香房。
開店して約1年。

2014_02010389.jpg 2014_02010390.jpg
昨日2月1日から営業時間も変わって
紹興酒の提供も始まって、さらにパワーアップ!?

2014_02010391.jpg 2014_02010394.jpg
実はここ、私の二胡の先生ウェイウェイ・ウーさんが
ブレンド茶のプロデュースをしたりしているので
1度来てみたいと思っていたんです。

2014_02010392.jpg 2014_02010396.jpg
店内は木をふんだんに使ってあって
どっしり重厚な雰囲気の中に落ち着きが感じられます。
こういうの好き♪

2014_02010398.jpg 2014_02010406.jpg
私はせっかくなのでウェイウェイ先生コラボの
「華胡蝶」(1000円)をオーダーしてみました。

2014_02010405.jpg 2014_02010407.jpg
ガラスの器に入ったブレンド茶。

2014_02010408.jpg 2014_02010421.jpg
玫瑰花(薔薇)とナツメ、緑茶がブレンドされています。
薔薇の香りがふわっと香ってきます。
中国茶は色が出る限り何杯でも飲めるので
ガラスのポットからお湯を注いでお手盛りで。

2014_02010423.jpg 2014_02010424.jpg
そうこうしているうちに友人が到着したので、
彼女も早速お茶を注文。
青茶の「水金龟(水金亀)」に決めたようです。

2014_02010425.jpg 2014_02010428.jpg
お茶道具が運ばれてきて、お店の方が見本を見せてくれます。
1煎目は茶葉の汚れを取るのと茶葉を蒸らすのが目的なので
茶杯には入れずに取っておきます。

2014_02010431.jpg 2014_02010434.jpg
2煎目からが飲めるお茶。
急須からはお茶の香りが漂ってきます。

2014_02010435.jpg 2014_02010429.jpg
茶杯もかわいい!
私もあとで1杯飲ませてもらいましたが
渋みがあって濃厚な香りのお茶でした。

2014_02010437.jpg 2014_02010440.jpg
お茶請けは1皿150円。
自分の好きなものを選べます。
友人は「お腹すいた!」と言って糯米焼売を食べてました。
このあとタイ料理を食べに行くのに…… (笑)
もちろん私も1個つまみ食いしました。
モチッとしたご飯を焼売の皮で包んだ糯米焼売。
上海では定番ですね。

2014_02010442.jpg 2014_02010443.jpg
19時からは紹興酒も飲めるようになりました。
この次はお昼に来てランチも食べてみたいし、
紹興酒を飲みながらのんびりしてもいいな~

2014_02010506.jpg
何杯もおかわりしてすっかり長居してしまった私たち。
最後のお会計のときにお土産の工芸茶をいただきました。
また来ようっと。


というわけで、中華街編はここまで。
次の記事は気持ちを新たにタイ料理のお話です。(≧∇≦)ノ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック