2014年01月22日 (水) | edit |
初夏の頃から気になっていた烏山の餃子屋さん。
それが「餃子 てんほう!」。

2014_01220003.jpg 2014_01220004.jpg
いや、何が気になるって「てんほう!」の「!」ですよ!(笑)
店の前に出ているメニューを見ると、
出来ますものは餃子のみという潔さ。
これは行ってみなければなりません。
(とか言いつつ、最近烏山はイタリアンの店が増えているので
そちらも気になっているわけですが……)

2014_01220007.jpg 2014_01220005.jpg
ランチタイムはAセット(600円)とBセット(780円)。
Aが餃子1人前でBが餃子2人前。
ナルホド、ナルホド。

2014_01220032.jpg 2014_01220034.jpg
お店の中は意外にも(←失礼?)きれいです。
カウンター+テーブル席が3卓。
先客は初老のおじさま1名とガテン系の男性2名。
いずれもBセット2人前というのを注文したようです。

2014_01220030.jpg 2014_01220031.jpg
店内にはお店自慢の餃子の説明があったりするので
とりあえず片っ端から読んでいきます。

2014_01220010.jpg 2014_01220011.jpg

2014_01220012.jpg 2014_01220013.jpg
そして注文はBセットに決めました。
焼餃子と水餃子を1人前ずつというのもできるということなので
両方お願いしてみました。

注文が入ってから、ご主人が餃子を包み始めます。
餃子を包み終わってから焼けるまで、しばし待たねばなりません。

2014_01220015.jpg
Bセットが出てきました。
ライスとスープ、お新香が付いています。
ライスはボソボソした食感で今一つ。

2014_01220019.jpg 2014_01220020.jpg
こちらの名物はこの「味噌だれ」のようです。
焼き餃子には味噌だれがもれなく付いてきます。

2014_01220021.jpg
こちらは焼き餃子。
薄い皮に包まれています。

2014_01220022.jpg
こちらは水餃子。
同じく薄い皮で包まれています。

2014_01220027.jpg 2014_01220023.jpg
餃子1個の大きさはわりと小さめ。
一口でポイッと食べられる大きさです。
ビールのつまみになる関西系の餃子ですよね。
1人前6個だとちょっと物足りないかも。

2014_01220025.jpg 2014_01220028.jpg
焼き餃子も水餃子も具は同じ。
結構ニンニクがきいているのですが、味はあっさり。
野菜が多めだからだと思います。
水餃子は皮が薄いので、餃子というよりもワンタンを食べている間隔。
ツルツルっと喉越しよくお腹に落ちていきます。
焼き餃子の方は、疑心暗鬼になりながら
味噌だれにつけて食べてみたのですが、
意外にも味噌だれは餃子の邪魔をすることなく
よりあっさりと和風な味の餃子として楽しめました。
特筆すべきだと思うのはラー油。
自家製だというラー油は辛さと香ばしさがあって
かなりパンチがきいてます。
私の作るラー油とは方向性が違いますが、美味しかったです。


2014_01220008.jpg
そうそう、帰るときに「営業時間が変わりましたので」と奥様。
皆さま、お気を付け下さい。(^-^)/


餃子てんほう! ( 千歳烏山 / 餃子 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



餃子てんほう!餃子 / 千歳烏山駅芦花公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック