FC2ブログ
2013年10月11日 (金) | edit |
※ ここまでの話はコチラで。。。
教員免許更新制
教員免許更新にまつわるエトセトラ
教員免許状更新講習 ~必修領域~
教員免許状更新講習 ~選択領域~

本日、教員免許状の更新申請をしてきました。
申請書類の提出先は東京都教育委員会。
ええ、私は東京都在住で東京都で教職に就いているからです。

2013_10110001.jpg
東京都庁の第二本庁舎27階・教育庁人事部選考課が目的地です。
エレベーターに乗って、ブィ~ンと27階まで上がります。

必要な書類は基本的には以下の6つ。
・申請用紙
・申請手数料(3300円)
・証明書返信用封筒
・本籍地記載の住民票 又は 戸籍抄本(謄本)
・所持免許状の写し
・30時間分の講習修了(履修)証明書(原本)
ただしそれぞれの状況によって必要な書類が加わります。。
ちなみに申請手数料は複数教科の場合も3300円です。
1回の申請に対しての手数料ってことみたいです。

2013_10080007.jpg
で、私の教員免許と更新講習履修証明書。
履修証明書は来年度の任用調査のときに必要になるかもしれないので
とりあえずコピーは取っておかねばなりません。

2013_10100006.jpg
そして申請書。
「各教科ごとに書く」とあったので、中学校国語・中学校外国語(中国語)・
高等学校国語・高等学校外国語(中国語)の4つを記入したのですが
教員免許状1枚ごとに1つの記入でいいかもと思い直して
中学校と高校の面鏡を1つずつ書いたものの2種類を用意して持って行きました。
その結果、「免許状1枚につき1件」という書き方でOKとのことだったので、
あとで書いた方の申請書類を提出しました。

書類確認後、手数料の3300円を支払って申請終了。
11月後半あたりに更新証明書が送られてくる予定です。

とりあえず自分で行う教員免許更新関連の作業は終わりました。
本来の業務以外でバタバタする免許更新作業でしたが
これでとりあえず10年後まで有効期限が伸びるので
もうしばらく教職を続けることができそうです。

10年後には教員免許状更新のシステムが無くなってるといいなあ。。。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック