FC2ブログ
2013年09月23日 (月) | edit |
連休最終日。
コピス吉祥寺のリラックマストアまで出かけたついでに
吉祥寺でちょいとお買い物。
吉祥寺と言ったらまず外せないのは「サトウ」のメンチでしょ!

2013_09230010.jpg
久しぶりに来てみたら行列の並び方が変わっていて
ちょっと戸惑いました。
隣の小笹の行列との切れ目が分からず
「この行列、サトウですか?」「メンチはここですか?」
という質問が飛び交ってました。(^^;)

2013_09230001.jpg 2013_09230002.jpg

2013_09230007.jpg 2013_09230004.jpg
メンチ以外のお惣菜は並ばなくても買えるのですが
メンチだけは行列に並ばねばなりません。
次々と揚げられていくメンチカツ。
衣に使われる卵は1個1個、別容器に割り入れてチェックしてから
大きなボウルに移されていきます。
面倒な作業ですが、こういうところで手を抜かないのもうれしい。
そしてメンチは揚げたてがドサッと出てくるのですが、
皆さん5個、10個とまとめ買いしていくので
自分の順番が来るまで15分くらいの辛抱です。
でもこうして並んで待っていると、
ついついメンチ以外のものも欲しくなってしまうのが人間の性(さが)。
ついつい私もコロッケや肉団子を一緒に買ってしまうのですが
今回目が吸い寄せられたのは自家製焼豚。
グラムを量りながらパック詰めされていくのを見ていたら
どうしても食べたくなってしまいました。
1パック700円、2パック1200円か~
でもふと見れば切り落としが480円で出てるじゃありませんか。
「売れるなよ、私の順番が来るまで売り切れるなよ」と念じながら
列が進むのを待ちました。

2013_09230029.jpg
私の2組前のお客さんが焼豚の切り落としを購入したので
「あぁ…………」と思ったのですが、もう1パック用意されていたので
無事に買うことができました。(^^;)
やわらかいけど味はちょっと塩っぱめ。
切り落としは周囲の部分なので味が結構しみてるんですね。
通常の部位はきっとちょうどいい塩加減なんだと思います。

2013_09230024.jpg

2013_09230030.jpg 2013_09230037.jpg
そしてメンチカツ。
1個180円なのですが、5個以上買うと1個140円になるんです。
「えっ?」と思ったアナタ、正解です。
4個買うと180円×4=720円、5個買うと140円×5=700円。
4個買うより5個買う方が安いんです!
なので私はいつも5個買っちゃいます。
大きめにカットされた玉ねぎの食感が残っていて
牛肉の味も濃いメンチカツ。
温め直しても肉汁はある程度残ってますよん。

ただ、残念なことに10月1日からは食材の価格高騰のため
値上げが決まっているとのこと。
庶民の味方であるコロッケやメンチも
ちょっと高級品になってしまうかもしれませんね。。。


さあ、話は変わって。
無事にメンチを買ったら、次はハモニカ横丁の入口へ。

2013_09230028.jpg 2013_09230011.jpg
上海 焼き小籠包」がお目当ての店。
毎年この時期は上海に行って生煎をたらふく食べるのですが
今年の夏は諸事情で行けなかったので、
どうにも体が生煎を欲して我慢できなくなってしまったのです。(^^;)

私のHPやブログを昔から読んでいる方ならすでにおなじみの生煎ですが
知らない方たちのために一応説明を……
スープのたっぷり入った小ぶりの肉まんを
焼き餃子と同様の手順で焼き上げた饅頭が「生煎」です。
皮は小籠包よりやや厚く、肉まんよりやや薄いのがポイント。
ここに胡麻と葱をちらしてあるのが完成形です。
ちなみに日本語では「焼き小籠包」って訳されるのですが
この訳を最初に充てたのは多分私です。(^^;)
厳密には製法が小籠包と違うので「焼き小籠包」と言い切ってしまうと
語弊があるのですが
スープがたっぷり詰まっているという意味では分かりやすいでしょ?

2013_09230012.jpg 2013_09230013.jpg

2013_09230014.jpg 2013_09230015.jpg
そんな生煎を今日はお昼にいただきます。

2013_09230017.jpg
4個380円と6個570円があるけど、私はもちろん6個です。
上海では朝ご飯や軽食によく食べられている生煎。
4個じゃ足りないもん。(笑)

2013_09230018.jpg 2013_09230019.jpg
底がカリッと焼かれた焼き小籠包。
これこれ、これですよん♪

2013_09230022.jpg
ほら、スープもたっぷり。
前回食べたときには生地がもう少しサクッとしていて
「飞龙生煎(飛龍生煎)」に近い感じだな、と思ったのですが
今日のは前回よりも少し生地も薄めで
「小杨生煎馆(小楊生煎館)」に近くなってました。
中の餡は生姜の香りがきいていて甘みはひかえめ。
スープはちゃんとアツアツでした。

上海で初めて生煎を食べたときは中のスープを盛大に飛ばして
周りの上海人に大迷惑をかけた私ですが、
今のワタシはもうあの頃のワタシとは違います。
生煎に前歯を押し当てて小さな穴を開け、
そこからズルズルとスープを啜ります。
説明書きには「箸で穴を開ける」というようなことが書いてありますが、
そうすると箸を刺した瞬間にスープが飛び出してきたり
持ち上げたときにスープがこぼれてしまうことがあるので要注意。
そしてスープを飲みきったところで生煎にかぶりついて
3~4口で1個を食べ切ります。

これでアナタも生煎スペシャリスト。
生煎普及委員会に仲間入りです。(笑)


というわけで今日は肉汁祭り、2本立てでした♪
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック