FC2ブログ
2013年06月30日 (日) | edit |
6月は最高に忙しかったということを書きましたが、
ただ単に業務と二胡ライブが重なって忙しかっただけでなく、
本来の業務とは違う仕事も重なっていたからなのでした。
私が勤務している5つの学校のうちの1つに
麗澤大学からスピーチコンテスト(朗読)の案内が来たのが5月。
たまたまその学校からは参加する生徒がいなかったので
案内を別の学校に持って行って参加者を募ったところ
2名の生徒が手を挙げました。
ちょうど中間考査の直前だったので、バタバタと申し込みをして
考査が明けてから練習に入りました。

しかしこの練習がなかなかの難敵。
一番の問題は私の時間がどうしても取れないこと。
月~金まで5つの学校を掛け持ちしていて
朝・昼・晩で違う学校3か所を移動する日もあるので
どう頑張っても練習する時間が限られているわけです。
本当なら毎日のように練習に付き合ってあげたいところですが
結局は週に1回1時間ずつくらいしか時間が取れませんでした。

そんなヘロヘロ~な私には関係なく
スピーチコンテストの日はやってきました。(^^;)

2013_06300001.jpg
南柏にある麗澤大学。
随分前に用事があって1回だけ行ったことがありました。

2013_06300002.jpg
参加申し込みが結構多かったみたいで
最終的には40名の出場者がいました。
そのため学習歴によって初級・中級・上級にクラス分け。
3つのグレードのスピーチコンテストとなりました。

発音も表現も素晴らしい朗読もありましたが、
発音はきれいなのにボソボソ読んでいて残念だったり、
発音は不正確なところがあっても読み方が素晴らしかったり、
いろいろでありました。
ウチの子たちは2人とも頑張りましたよん。
途中間違ったところもあったけど、
今まで練習した中で一番いい朗読を聞かせてくれました。
明後日から期末考査というタイトなスケジュールの中、
常勤の先生がいつでも練習を見てくれるような
恵まれた環境ではない中でよく頑張ったと思います。
大きな賞は取ることができませんでしたが
スピコンに向けて一生懸命頑張ったことは
今後の人生の中できっと大きな糧となることでしょう。


ところで。
2013_06300017.jpg
午前の部と午後の部の間に引率の教員と大学の教員とで
懇談会があって、お弁当が出ました。
私は非常勤講師という立場上「引率」の業務は認められていないので
完全に非公式な「応援」という名目で行ったわけですが。(^^;)
# 常勤の先生に公式の引率をお願いしたけど断られました。(泣)
その弁当にはスイカがドカンと入っていて、
有頭海老フライのインパクトを大きく上回っていたのが印象的でした。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック