FC2ブログ
2012年07月24日 (火) | edit |
1学期の授業も終わり、ようやく落ち着いてきました。
そんな日頃の疲れを癒すべく(?)
一人で鎌倉まで小旅行と洒落こんでみました。
小旅行と言いつつ、半日の行程ですが。(笑)

2012_07240001.jpg
まずは湘南新宿ラインで新宿→北鎌倉まで一直線。
私が初めて鎌倉に行ったのは大学生の頃ですが
あの頃は乗換+乗換+乗換という感じで鎌倉は本当に遠かった!
それが最近は湘南新宿ラインであっという間ですもんね。
何と便利な世の中になったんでしょう。
# そうは言っても、実は私、鎌倉は5年ぶりですが……

私はこの北鎌倉から鎌倉までお寺巡りをしながら
ぶらぶら歩くのが気に入ってます。
もちろん全然別のコースもありますが、私は大抵このルート。


2012_07240003.jpg
とりあえず線路沿いを進んでいきます。

2012_07240004.jpg
まず見えてくるのが円覚寺。
今日は円覚寺と建長寺、鶴岡八幡宮のみ参拝します。
いつの頃からか拝観料がかかるようになってしまったので
あまりあちこち行けなくなっちゃったんですよね……

2012_07240009.jpg
境内に入ると、写生をしている子どもたちがいっぱい!
夏休み行事か何かでしょうか。
ざっと見てみましたが、この中にピカソはいないようです。(笑)
わりと一般的な絵を描いている子がほとんどでした。
斬新な色使いや特徴的なデッサンはなかったな~

2012_07240011.jpg
円覚寺は緑が多くて気持ちいいですね。
今日はちょっと曇り空だったのですが、
それでも緑の中を歩くのは気持ちいいものです。

2012_07240017.jpg

2012_07240018.jpg

2012_07240026.jpg

2012_07240028.jpg

2012_07240034.jpg

2012_07240038.jpg
んにゃ?
猫がいたニャ!

2012_07240046.jpg
いや、もう毛繕いに余念のないニャンコです。

2012_07240049.jpg
はい、肉球写真、いただきました♪(笑)


2012_07240053.jpg
そして今度は線路を渡って建長寺に向かいます。

2012_07240055.jpg
途中、篆刻屋さんの店先に猫と鼠の置物がありました。
「今日届いたばかりなんですよ~」とうれしそうな店主。(笑)
ちゃんと水車が回るようになっているのが芸が細かい!


2012_07240058.jpg
再び線路を渡って進みます。

2012_07240061.jpg
途中、去来庵の前を通りました。
実は私、10年以上前にこの去来庵でビーフシチューを食べたことがあります。
その当時、ここはものすごく人気で(ガイドブックには常に掲載されていた)、
あの日炎天下の中、私は行列に並んで2時間待ったことを決して忘れません!
でも今日はだーれも並んでないのね。(^^;)
で、ふと気づいたのですが、北鎌倉から鎌倉までの道には
何軒かの飲食店があるのですが、その共通点は
カレーとシチューとチーズケーキがキーワードになっていることでした。
何?
北鎌倉はカレーとシチューとチーズケーキの町なの???


2012_07240062.jpg
さて。
ようやく建長寺に到達です。

2012_07240066.jpg
ここの境内も緑がいっぱい。

2012_07240076.jpg

2012_07240067.jpg
ずーっと奥に行けば天狗がいるのですが、今日はそこまでは行きません。
なぜならサンダルを履いているから!(爆)
そもそも今日はハイキングのつもりで来ているわけではなくて
お買い物をしに鎌倉まで来たので(そーなんですよ!)、
あまりアクティブな行動はする気はないんです。(笑)


2012_07240088.jpg
ということで、早々に建長寺を出て、鎌倉駅に向かいます。

2012_07240093.jpg
途中でガラス工房の案内を見つけました。
今度行ってみようかな。


さて。
鎌倉駅のホームに面したところが本日の目的地の1つ。
2012_07240105.jpg
ソンベ・カフェです。
10年前に初めてこのカフェを訪れたのですが
そのとき初めてベトナムに「ソンベ」という焼き物で有名な村がある
ということを知りました。

2012_07240120.jpg
とりあえずまずはランチを食べてから……

2012_07240125.jpg
店名はベトナム風なのですが、メニューは東南アジア系。
私はナシゴレンとハス茶で。
オープンカフェになっているので風が吹き抜けて気持ちいい。

2012_07240117.jpg
8月は土曜日限定でこの屋台車でバインミーを販売するんですって。

2012_07240119.jpg
店内も解放感があっていいですよん。
食後、ベトナムの陶器を物色。
緑色の地に金魚の模様のカップ&ソーサーがあったので
かなり迷ったのですがヤメました。
金魚の顔が今一つだったのです。
今度ベトナムに行ったらじっくり探してみようっと。


2012_07240127.jpg
ランチも食べ終わったので、今度は鶴岡八幡宮に向かいます。

2012_07240128.jpg
やっぱりこの鳥居よね~

2012_07240129.jpg
参道をキョロキョロしながら歩きます。

2012_07240132.jpg
百合も立派!(笑)

2012_07240137.jpg
さあ、ここからは気持ちを切り替えて(寺→神社)参拝しますよ!

2012_07240139.jpg

2012_07240140.jpg
残念ながらハスの時期にはちょっと早くて
蕾ばかりだったのですが、いくつかは咲いてきました。

2012_07240147.jpg
すでにこんな状態のハスも……(笑)

2012_07240151.jpg

2012_07240152.jpg
しかしこんなところにスッポンがいるんですね……
「危険」の文字が生々しい。

2012_07240154.jpg

2012_07240157.jpg

2012_07240159.jpg
大銀杏のかわりに小さな銀杏が育っていました。
これから何百年も経つと、大銀杏のように育つのかな。
頑張ってほしいものです。

2012_07240164.jpg

せっかくなので、おみくじを引いてみました。
2012_07240165.jpg
普通の「吉」でした。(T_T)
前に来たときは「大凶」だったので、
それに比べたら断然いい方だとは思いますが……

2012_07240173.jpg
本殿の方から降りてくると、リスがいました。
昔はこのタイワンリスがたくさん繁殖していて
徐々に駆逐されていったのですが、まだいたんですね。
# そのあたりは外来種生物問題と関連するので今は説明を省きます。(^^;)

2012_07240176.jpg
かわいらしい仕種を見せてくれるので大人気。
みんな写真を撮ってました。

2012_07240185.jpg
「こっちにおいで~」と呼んだら真ん前にやってきました。
人語がわかるのか???

2012_07240183.jpg
そして尻尾をフリフリ。(笑)

2012_07240186.jpg
私のバッグに飛び移って物色し始めました。
タイワンリスの餌付けは禁止されているので
あげるものはぜ~んぜん無いんですけどね。。。
私って……人間にはイマイチ人気ないんだけど
動物には結構懐かれるのよね……
というか、動物に完全になめられてる?(@@;)


鶴岡八幡宮を出たあと、再度小町通りを歩きます。
ランチの前に一度通って下見しておいたんですよね。

2012_07240102.jpg
まずは「腸詰屋」でお買い物。
実はここが本日の目的地の2つ目。
ここのコンビーフが気に入っているのです。

2012_07240203.jpg
コンビーフだけでなく、ミニサラミも購入。
ついでなので、店内でソーセージをいただきました。

2012_07240190.jpg
チョリソーです。

2012_07240192.jpg
食べながら激しく後悔しました。
「ビールも注文すればよかった」って。(笑)
でもこのあとソフトクリームも食べるつもりなので
ビール→ソフトクリームの流れはちょっと嫌だったので、我慢。

2012_07240193.jpg

2012_07240194.jpg
杉養蜂園です。
蜂蜜ドリンクをいろいろ試飲させてもらったあとは、
いよいよ「はちみつ入りソフトクリーム」の出番です。

2012_07240195.jpg
1口目が蜂蜜の味。
2口目からは普通のソフトクリームになるんだけど
とにかく1口目が蜂蜜。(≧∇≦)ノ
今日は曇りと言いつつ暑かったので、
この冷たさが心地よかったです。

そして小町通りをぶらぶらしながら鎌倉駅の方に歩いていると
「マライカ」というエスニック雑貨店で
理想的なコーヒーカップを発見しました。
2012_07240200.jpg
ベトナムの焼き物なんだけど、コーヒーフィルターのついた
コーヒーカップなんですよっっ
淡いグリーンがとってもキレイで一目惚れ。
1200円という良心的な価格も◎。
いいお買い物をしました。


今日は久しぶりに昔の記憶を頼りに鎌倉をぶらぶらしたわけですが、
新しいお店もたくさんできていて、鎌倉は世界遺産登録に向けて
何やら頑張っているようです。
またそのうちに(涼しくなったら)のんびり鎌倉散歩に出かけようっと。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック