FC2ブログ
2011年01月10日 (月) | edit |
決して旅慣れているとは言えない私だけど
あちこちの国を旅するのは大好きな私。
でも、私の一人旅の歴史は意外に短い。
1999年に哈爾濱から大連まで一人で寝台車に乗って、
その後大連から日本に帰国したのが第一歩だった。
# 日本→大連→哈爾濱は中国人のエンちゃんと一緒に行って、
# エンちゃんの家に泊めてもらったのでした。
旅の始めから終わりまで一人で行動したのは2002年の上海が初めてで、
すでに三十路を越えていた私は
「一人で海外くらい行けなきゃダメだ」と
少々悲壮な覚悟をしていたように思う。
上海から戻ってきて「何だ、一人旅って簡単じゃないか」と
ホッと胸をなでおろしたのは秘密である。

こんな私も中学・高校時代は歴史や地理の授業に泣かされてきた。
地理の授業では地名と場所が覚えられず、
世界史の授業では年号が覚えられず、
日本史の授業では人名が漢字で書けずに苦労した。
国語と英語と数学と理科は(比較的)素晴らしい成績であったのに
社会科だけはホントーにできなかったので、
担任に「同じ人の成績とは思えませんね……」と絶句されたほど。

でも、だからといって歴史や地理が嫌いなわけではなかったし、
歴史資料集や地図帳を見てはウットリしていたので
相当好きなほうだったんだろうと思う。
そんな私が旅行好きになったのは当然の成り行きと言える。
本や教科書でしか見たことのなかった場所を実際に歩いてみて、
初めてわかる空気感(←そんな言葉、ないかな?)。
ストーンヘンジも万里の長城も、一気に身近なものになった。


そんな私が今行きたい国。
聞きたい?
聞きたい???
多いよ。
すっごく多いよ。

【エジプト】
目的はピラミッドとナイル川!
もう絶対にこの目で見てみたい。
ピラミッドの中に入りたい!
幸か不幸か前述のエンちゃんが旦那の仕事の関係で
今年の3月からカイロに数年滞在することになっているので、
訪問を口実に遊びに行く予定になってます。

【モロッコ】
大学時代からアガサ・クリスティの小説にはまっていて、
中でも中近東物と言われる作品が大好きなので
「マラケシュ」とか「フェズ」とかいう地名を聞くだけで
もうワクワクしてしまうのです。
絶対に行ってみたい場所です。

【ペルー】
インカ帝国に興味があったので、
ペルーからエクアドルあたりにかけては
ぜひ旅してみたいところです。
アステカ文明もかなり興味があるので
メキシコあたりも一度訪れてみたいですね。

【ギリシャ】
私は松江の出身なのですが、
松江はラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が
自分の故郷のギリシャに似ていると気に入った場所。
そんなに似ているなら見てみたいと思ったのが高校の頃のお話。
もう1つはクレタ島のクノッソス宮殿。
子どもの頃から迷路とか迷宮が好きで、
ミノタウルスの神話に出てくるクノッソス宮殿に
とーっても興味があったのでした。
そんな神話を生んだギリシャには絶対行ってみたいですよね。
もちろんパルテノン神殿も絶対に自分の目で見たい!

【フランス】
ベルサイユ宮殿とルーブル美術館が目的。
私が生まれ育った松江には美術館がなかったんです!
# 今はあるよ……
高校の頃、音大を目指して声楽を習っていたのですが
そのときの先生に
「大学は東京に行きなさい。いいものは全て東京に集まるから」
と言われました。
実際には音楽の道には進みませんでしたが(←才能がなかった)、
無事に東京の大学に進学できて、
本当にむさぼるようにあちこちの美術館に通いました。
いつかルーブルに行くというのは、その頃からの夢でした。

【カナダ】
場所はピンポイントなのですが、
プリンス・エドワード島に行きたいんです。
想像はつくと思うのですが、
中学の頃にL.M.モンゴメリの「赤毛のアン」シリーズを
一気に読んで以来、すっかりモンゴメリのファンになって、
その他の作品も読みあさりました。
その中で一貫して描かれるのはプリンス・エドワード島。
# 「丘の家のジェーン」だけはトロントが舞台になってるけど
# プリンス・エドワード島も重要な鍵になってます。
モンゴメリが作品を書いた場所を一度訪れたい、
というのが中学の頃から思い続けていたことでした。

【イタリア】
中学の頃に学校の授業か何かで「ローマの休日」を観ました。
ところが時間が足りず、最後の結末まで観ることなく、終了。
最後を知りたいと思いながら、
どんな結末でもガッカリしてしまいそうなのが恐くて
ずっと何年も続きを観ることはありませんでした。
大学時代にテレビで放映されていたものを観て、
ようやく私の中での「ローマの休日」が完結しました。
あの日からアン王女のたどった道を私も歩いてみたい
というのが夢なんですよね。

【ロシア】
シベリア鉄道に乗りたいんです。
なーんにもない風景の中を1週間くらい鉄道に乗って
ひたすら旅をするという修行にも似た旅。(笑)
これも高校の頃に読んだ評論だか小説だかの影響。

こうしてみると、私が行ってみたい国や場所は
昔読んだ本に影響されているってことがよくわかりますね~
# もちろんこれ以外にも行きたいところはあるし、
# 一度行った場所でもまた行きたいどころがあるよ。
# スペインのサグラダ・ファミリアなんて絶対見たいしねっ
もっとグルメ旅に興味があるのかと思ったけど
意外と私って渋い趣味だったんだわ、と認識しました。(笑)

どのくらい実現できるかわからないけど、
行きたかった場所にどんどん出かけていきたいと思います。
これ、私の新年の誓い。(笑)
# もちろん1年じゃ無理だよ、当たり前だけど。


で。
そんな私は食べ物もインターナショナルに。(笑)
2011_01100044.jpg
今夜のメインは昨夜の残りのチキンビリヤニ。

2011_01100037.jpg
あとは残っていた鶏肉や葱で和風ラープを作ってみました。
ラープといえばタイ料理。
前からラープは和風にアレンジできると思ってました。
なので、今回は和の調味料を使いました。
レシピはあとでいつものところに載せておきます。

さて。
明日は待ちに待った給料が入ると思うので、
アメリカ気分でマックのテキサス2を食べてみようかな~♪
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
No title
私なら・・・
ロンドン、ニューヨークに行きたいなぁ、平凡だけど(笑)
お金が飽きるほどあったら(爆)ロンドンでスーツ・シャツ・靴をすべてオーダーメードしたい(*^^)v
ニューヨークのジャズクラブ・・
あ!それならニューオーリンズのジャズクラブも行きたい♪

スミソミアン博物館もいきたい(*^^)v

ロシアの戦車博物館も行きたい←軍ヲタ

インドの「タージ・マハール」は死ぬまでに一度は拝みたいなぁ、イスラム教徒じゃないけど(^^)

それから・・・貴女とほぼ同じですね(*^^)v

2011/01/13(Thu) 20:15 | URL  | golgo131956 #-[ 編集]
No title
>golgo131956さん
ロンドンは前に行ったとき、
とても旅しやすいところだと感じました。
みんな親切ですし。
英語も聞き取りやすく発音してくれました。
アメリカに行くなら西部開拓時代の雰囲気を味わってみたいです。
スミソニアンはおいといて、ロシアならエルミタージュははずせない~
# ミリタリーファンではないので。(笑)
2011/01/15(Sat) 13:29 | URL  | chineko #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック