FC2ブログ
2010年10月27日 (水) | edit |
パン好きなら必ずたどり着くと言われているのが
「バインミー」と「ホット・ブラウン」である。

というのは冗談ですが。
最近ずっと、バインミーが食べたかったのでした。
で、ドンクのミニバゲットを買って冷凍しておいて
そのチャンスを窺っておりました。(笑)
2010_10260018.jpg
今週は定時制が短縮だったり、
文化祭準備で授業カットだったりで
結構早く帰れるので、迷わずバインミー。
大根と人参のなますとポークソーセージをはさみました。
隠し味にサテ(レモングラス+唐辛子+ニンニクの油)を使ってます。
いや、ウマイですな。(笑)
そして、今夜は「ホット・ブラウン」。
ホット・ブラウンって聞いたことある???

実は、この間久しぶりにスー・グラフトンの小説を読み返していたんですが。
# 私は大抵の本を何度も読み返すので、
# 図書館で借りたり、読み終わった本を売ったりというのは
# ちょっと無理なのです……
その中に「ホット・ブラウン」なるものが出てきたのです。

主人公のキンジーが調査のために
ケンタッキー州のルイヴィルに出かけます。
そこでポーター・ヤントに
  「ブラウン・ホテルで発明されたんだ。まあ、食べてみなさい」
と勧められます。
自分の前に置かれたホット・ブラウンに当惑するキンジー。
  わたしは目の前の料理を見つめた。
  それはできたてほやほやの黄色いどろどろした食べ物で、
  上にはパプリカがかかっていて、下のほうに塊らしきものがあった。

思わずキンジーはヤントに訊ねます。
  「なんですか、これは?」
  「まあ食べてみなさい」

そこでキンジーはようやく決心します。
  フォークでためしにちょっとだけ口に入れてみた。
  ホット・ブラウンはスライスされたターキーのオープン・サンドイッチで、
  ベーコンとトマトがのっていて、
  いちばん上にすごくおいしいチーズ・ソースをかけて焼いてあった。
  そのあまりのおいしさに、思わず歓声が漏れた。
  「だから言ったろう」と、彼は満足そうに言った。

  (以上、「アウトローのO」ハヤカワ文庫より引用)

……美味そうじゃん。
早速ネットでホット・ブラウンを検索。
これがまあ、ビックリするほど検索結果が少ないんですね~
チーズやブラウンホテルなど、
思いつく単語をAND検索にかけてみたのですが、
数件ヒットする程度で、ホット・ブラウンのレシピは
全く引っかかりませんでした。

ということで、今夜は幻(!)のホット・ブラウンを
再現してみました。
2010_10270012.jpg
本来はチーズソースを使うようですが、
私はホワイトソースにとけるタイプのチーズを重ねました。
2010_10270017.jpg
パンにはターキーのかわりに鶏ハムをはさんでみました。
2010_10270020.jpg
いやはや、ウマイですな。(笑)

なぜ今まで私はホット・ブラウンを作らなかったのしょーか。
日本のカフェやアメリカンダイナーでも
メニューに載せれば流行りそうな気がします。
みんなでホット・ブラウンを流行らせましょう♪
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
レキシントン
先日食べましたよホットブラウン
ケンタッキー州のど田舎で(笑)
未だホットブラウンの検索結果は少ないですね(^-^)
2013/02/05(Tue) 08:00 | URL  | S #-[ 編集]
>Sさん
そうでしたか。
私もいつか本場で食べてみたいものです。
2013/02/06(Wed) 23:56 | URL  | chineko #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック