FC2ブログ
2010年03月09日 (火) | edit |
浅草雷門の真正面。
そのトルコ料理屋さんは、
こんなわかりやすいところにありました。
2010_03090067.jpg
アドゥヤマン(ADIYAMAN)。
トルコの国旗はためくお店です。

4年前にトルコに旅してから、
その印象の強烈さと鮮烈さに
もう一度行きたいと常々思っているのですが、
いまだ果たせず、トルコ料理を食べて思い出す日々。(笑)
2010_03090068.jpg
さてさて、ここではどんな料理に出会えるのでしょうか。

2010_03090084.jpg
ランチは2種類。
ピデがメインのランチ(1200円)と
イスケンデルケバブがメインのランチ(1100円)。
その他、ディナーメニューからも注文できるとのこと。
私は、懐かしのウスパナックピデ(ほうれん草のピザ)にしました。
アンカラでお腹を壊したとき、ベッドサイドでさびしく食べた
あのピデです。(笑)
# ペイニルピデ(チーズのピザ)、クイマルピデ(挽き肉のピザ)もあります。

2010_03090080.jpg
いつもはシェフが2人いるらしいのですが、
今日は1人お休みということで、料理が出てくるまで時間がかかります。
待っている間に店内を見回すと、
トルコのキリムや、かわいらしい調度があったりして
「もうちょっと広ければいいのにな~」という感じです。

2010_03090086.jpg
隣のテーブル用のクイマルピデを作っていました。
オープンキッチンで生地からきちんと作っているので
とても好感が持てますね~
ただ、先客の7名様は、3人がイスケンデルケバブ、
2人がケバブサンド、2人がクイマルピデだったようですが、
イスケンデルケバブの3人が食べ終わる頃にケバブサンドが来て、
ケバブサンドの2人が食べ終わる頃にクイマルピデが来る
というタイミングだったので、ちょっとかわいそうでしたね~ (^^;)

2010_03090093.jpg
そして、こちらがランチについてくる
メルジメッキチョルバス(レンズマメのスープ)。
2010_03090092.jpg
こちらはチョバンサラタス(羊飼いのサラダ)。
トルコ式にレモンとオリーブオイルで和えてありました。
トルコではテーブルにレモン汁とオリーブオイル、塩、胡椒、
それにオレガノと唐辛子が置いてあって、
自分で勝手に味をつけるんですよね。
あの味、思い出しちゃいました。

2010_03090094.jpg
そして、ピデ。
2010_03090098.jpg
たっぷり混ぜ込まれたナッツの食感がいい感じです。
ただ、生地が思ったよりもやわらかかったですね。
トルコでは中力粉を使うらしいのですが、
やっぱりトルコと日本では小麦粉が違うのかも。

2010_03090102.jpg
最後はチャイ。
コーヒーも選べて、こちらはちゃんとトルコ式に入れてくれます。
丁寧に一つ一つきちんとやってくれるのですが……
如何せん時間がかかる!(笑)
# 多分、普段はシェフが2人いるから
# もっとスムーズに料理が出てくると思うのですが。


ということで、期待をこめて、★×3。
その他のお料理をいただいたり、
夜のメニューを食べてからまた改めて★を増やしていきたいと思います。
そうそう。
メニューにはないけど、予約しておけば
ビベルドルマス(ピーマンのピラウ詰め)や
ミディエタワス(ムール貝のフライ)もできるそうなので
お願いしてみたいな、と思ってます。

アドゥヤマン ( 浅草(東武・都営・メトロ) / トルコ料理 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
おぉ!世界三大料理の一つ「トルコ料理」!

みんな、中華やフレンチはああだこうだと言うけど・・・トルコ料理についてこれだけああだこうだと言える人は私の周りでは貴女だけだなぁ(笑)
2010/03/10(Wed) 19:30 | URL  | golgo131956 #-[ 編集]
>golgo131956さん
トルコ料理はおいしいですよね~
でも、まだ日本ではあまりメジャーではないのかも。
もっと羊を普通に食べられるといいのに。(^^;)
2010/03/10(Wed) 21:58 | URL  | chineko #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック