FC2ブログ
2010年03月07日 (日) | edit |
今、巷では「食べるラー油」というのが流行ってるらしいではありませんか。
現地に行かなければ手に入らないという「菜館Wong」のラー油から、
ネットでも入手困難な「ペンギン食堂」の「石垣島ラー油」まで。

私は去年の夏に「石垣島の島ラー油」という商品を840円で買ったのですが、
実はこれがあまりにも口に合わなくて……こっそり捨てました。
2009_08290223.jpg
すみません。
これが好きな方には申し訳ないのですが、
私の口には合いませんでした。
基本的に私はラー油は自作派なので、
家で使っているラー油は自家製のものばかりです。
今のところレシピは4つ。
一番ノーマルは唐辛子+花椒+八角で作るもの、
あとはそのバリエーションという形で、
台湾屋台風の煮干し+貝柱入り、
食べるラー油風のカレー粉入り、
麻婆豆腐にそのまま使える豆豉入りがあります。
さてさて。
私も話題の食べるラー油が気になるので買ってきちゃいました。
2010_03070062.jpg
桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」ですよ~
2010_03070077.jpg
さっそく開けてみました。
フライドガーリックが浮いてます。
食べてみると、確かに辛くない。
旨みのある味になっていて、
醤油などを使わなくてもそのまま調味料として使える感じです。
ご飯にかけるにはちょっと油っぽいのですが、
商品としてはなかなかいい味に仕上がっていますね。

ちなみにこっちが私のラー油。
2010_03070064.jpg
これは豆豉バージョン。
2010_03070073.jpg
黒いのが豆豉です。
豆豉に塩味がついているので、全体的に薄い塩味になっています。
そのまま食べるには辛すぎるけどね。(笑)


ここからは別のお話。
この間、Amazonでポチッとしたのが
マグリットとジョルジュ・デ・キリコの画集です。
2010_03070081.jpg
明日配送の連絡が来ていたのですが、
今日、着いてしまいました。(@@;)
前回も前々回も、そのまた前回も、予定日の前日に届くAmazon……
マグリットの方は日本語版があったのですが、
デ・キリコの方は日本語版がなかったので英語版を。
2010_03070083.jpg
子どもの頃に百科事典でデ・キリコの「不安な美神」を見て
ビビッときたのでした。
それ以来、玄関などにおいてあるコート掛けを見るたびに、
キリコを思い出していました。(笑)
最近、マグリットもデ・キリコも東京で美術展をやらないですね~
私は印象派からシュールレアリズムまでの流れが結構好きなので
このあたりの美術展をやってくれるとうれしいのですが。


さらに別のお話。
2010_03070049.jpg
今日のお昼は「スラバヤ」でナシゴレン。
2010_03070055.jpg
いつもの辛い方のナシゴレンです。
これにサンバルをたっぷりかけて。
2010_03070061.jpg
デザートにはまたもやバナナ……
今度から、デザートははっきり断ろう……


今夜は豚キムチ。
2010_03070088.jpg
豚バラブロックがとても安かったのです。
ちょっと多めに買っておいて……
2010_03070097.jpg
フライパンで作るチャーシューも焼いておきました。
これは明日、明後日の晩ご飯に使います。
そして、冷蔵庫の中にはパンチェッタになる予定の豚バラちゃんが
お休みになっていらっしゃいます。
毎日キッチンペーパーを取り替えなきゃね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック