FC2ブログ
2009年02月09日 (月) | edit |
5年越しくらいの念願叶って、
新宿歌舞伎町にある「川香苑」に行ってきました。
2009_02090005.jpg
どうよ?
この怪しく光る看板は。(笑)
今回集合したのは、エスニック部長(←?)のHさん、Aさん、Kさん、Pさんに
私を加えた5人。
メニューとにらめっこしながら、四川っぽいものを選んでみました。

★川香涼粉(川香辣油だれ冷米粉)
2009_02090013.jpg
桂林といったら米粉、四川といったら涼粉。
メニューの日本語訳には「米粉(ビーフン)」の文字がありますが、
実際には春雨に近いものです。
芝麻醤のきいたピリ辛ダレがかかっていて、
ビールがすすんじゃいそう~♪

★豆花魚片(時雨豆腐と鯛魚片四川風煮込み)
2009_02090019.jpg

2009_02090020.jpg
時雨豆腐って書いてありますが、
ようするにおぼろ豆腐です。
私、この豆花魚片が好きなんですよね~
麻婆豆腐よりもあっさりしてるというか。

★香辣鶏脆骨(特製唐辛しと鶏ナンコツ炒め)
2009_02090025.jpg
これはまさにビールのつまみ。(笑)
コリコリしたナンコツを齧りながらビールをグビグビ。

★干煸肥腸(ダイチョウと山椒唐辛し炒め)
脂身たっぷりのマルチョウ(小腸)です。
これをカラリと揚げて、山椒と唐辛子で炒めてあります。
これまたビールを飲みながら食べると美味。

★麻辣肥牛(牛ロース生青山椒ソースかけ)
2009_02090038.jpg

2009_02090046.jpg
スープは辛くないんだけど、青山椒が口の中でスーーーーッとして、
痺れてきます。
どっちかというと韓国のプルコギとか、
日本のすき焼きをあっさりさせたようなイメージ。

★蛋黄山薬(塩卵と山薬塩味炒め)
2009_02090048.jpg
メニューの「山薬」は山芋という意味ですね。
衣(多分、片栗粉)をつけて揚げた山芋を
咸蛋(塩卵)の黄身とともに炒めてあります。
これがまたビールに合う~(笑)

周りを見回せば中国人がほとんど。
場所柄(←歌舞伎町)、そういう感じの客もあちこちに。(笑)
で、隣りのテーブルを何気なく見ていたら、
中国人のおじさんと目が合ってしまいました。(≧∇≦)ノ
「食べる?」
「いいんですか?」
「いいよぉ~」
ということで、テーブルに出ていた料理をいただいちゃいました。

★青椒土豆絲
2009_02090050.jpg
酢を使ってシャッキリ炒めます。

★炒鶏蛋
2009_02090051.jpg
青椒土豆絲同様、メニューにはないオーダーです。
注文したおじさんが北京人だったので
かなり塩辛い味つけになってました。(笑)
このままご飯にのせて食べたらよさそう。

最後に担々麺を注文しました。
2009_02090053.jpg

2009_02090059.jpg
もちろん汁なし。
芝麻醤は入らないタイプで、さっぱりしています。
酢がちょっと入ってるかな。
ちょっと太めの平打ち麺がいい感じでした。

〆は杏仁豆腐。
2009_02090062.jpg
濃厚ムッチリタイプ。(笑)
これならいただけます。
# 寒天ポリポリ系は食べられないの~

ということで、5人で16038円でした。
私は火鍋の素を買って帰りました。
2009_02090064.jpg
普通の火鍋の素が230円、香辣魚の素が300円。
早速作らなくちゃ~~~♪
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
5年越しの思い・・・またずいぶんと思っていたんだねぇ~~(笑)
そんなに有名なお店なの?
2009/02/14(Sat) 16:55 | URL  | golgo131956 #-[ 編集]
>golgo131956さん
有名ってわけじゃないんですけど、
TOKIOがやってる番組で世界の辛い料理の1つとして
紹介されたことはありましたね。
私はそれ以前から行きたかったのですが、
ランチをやっていないとか、
行こうと思ったら満席だったとかで
なかなか店に入れなかったんですよ。
結界があったみたいで。(笑)
2009/02/15(Sun) 11:45 | URL  | chineko #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック