FC2ブログ
2008年10月07日 (火) | edit |
昨日、生徒から面白い話を聞きました。(≧∇≦)ノ
彼女は去年アメリカに留学していました。
ちょうど友人の弟と話しているとき、
「私は日本から来たのよ」と言ったにも関わらず、
そのあとで「東京に住んでるの」と言ったところ、
「エェーーーーッ!? トーキョーなの? ニホンじゃないの?」
と大変驚かれたんだそうです。
そうか、地理の苦手なアメリカ人。
東京が日本にあることが理解できなかったか…… (笑)

さらに、夏にドイツに語学研修に行ってきたドイツ語の先生。
向こうでドイツ人の友人に、
「日本では米に何を入れて炊くの?」
と聞かれたので
「……?(←かなり困惑している) …………水」
と答えたところ、
「ウン、水を入れるのは分かってる。そのほかに何を入れるかってことよ。塩? 砂糖?」
と言われて衝撃を受けたそうです。
ドイツではパスタのように塩を入れて炊くらしいです。

うーん。
これが認識の違いってヤツですね。
話は変わりますが、
先日、日テレの「世界一受けたい授業」の特番を見ていて
ちょっと困惑してしまいました。
それは武田鉄矢が出てきて、
漢字の成り立ちについて説明していたときのこと。
「東」と「西」を例に挙げて説明していたんですが……
確かに「東」は「“木”の間から“日”が昇ってくる様子」で正しい。
でも、「西」は「地平線の下に日が沈む」じゃないんだぁ~!
あれはね、上の「一」が鳥をあらわしていて、
その下の「四」みたいなのが巣をあらわしているのです。
つまり、太陽が西に沈む頃、鳥は巣に帰るというのを表現してるわけ。
日が沈むのを表現してる時は「暮」。
そもそも「暮」という字は正しくは「莫」だったのです。
「廾(草かんむり)」も「大(元の字は廾)」も草をあらわしていて、
太陽が草の間に沈んでいく様子を表してるわけね。
そこに、教養のない人達がもう1つ余計に「日」をつけちゃったわけよ。
で、今では「莫」ではなくて「暮」が「日暮」の意味で使われてるんですね。

さらにビックリしたのが「跪」の説明。
「中国の服はスリットがあって、跪くと足が見えて危険」というのにはたまげました。
ぉぃぉぃ……
チャイナドレスは「旗袍」と言って、満州族の服だよ……
「跪」の字が出来た頃はまだ誰もチャイナドレスなんか着てなかったよ……
「跪」は「跪くと不安定でグラグラして危険」という意味であって、
チャイナドレスやスリットは全然関係ありませんからっっ! (怒)

しかも「漢字は全て風景です」なんていい加減なことまで言ってくれちゃって…… orz
実際に風景をそのまま表現している象形文字(“山”や“川”など)は
全ての漢字の1割にも満たないんじゃないでしょうか。
指事文字(“上”や“下”など)も1割なくて、
会意文字(“林”や“東”など)が1~2割、
残りは全て形声文字(“銅”や“横”など)でしょう。
# 転注、仮借は漢字の成り立ちではないので除きます。
# 漢字の六書について説明すると長くなっちゃうので、
# 興味のある人は自分で調べてちょーだい。

一応私も中国文学・中国語学のプロの端くれなので
間違ったことをテレビで言われるとすごーく気になっちゃうのよ。
別に武田鉄矢が嫌いなわけではないの。
テレビで、嘘をもっともらしく言わないでほしいだけなの……
武田鉄矢みたいに影響力の大きい人が喋ると、
みんな本気にしちゃうでしょ~?
そもそも、金八先生時代にドラマの中で
「人という字は人と人が支えあっている様子です」なんて言ったものだから、
今でも大勢の人がそれを信じて疑わないのですが、
あれだって大嘘で「人」という字は、人間が立っている様子なのっ
人は一人で立ってるのっっ
両手を大きく広げたら「大」になって、
その大きく手を広げた人の上にあるのが「天」なのっっ
ほんとにもうっっっ (泣)


ちょっと気分を変えて。
2008_10070019.jpg
昨日道を歩いていたら、キンモクセイのいい香りがしてきました。
先週通ったときにはまだ咲いていなかったのに、
昨日、今日は満開でした。
中国南部では、旧暦の8月頃(今の暦だと9月頃)にキンモクセイが満開になるので、
新学期や入学のシンボルなんだそうです。
# 中国は9月から新学期が始まります。
日本の桜みたいな感覚ですね。

ついでにメシの写真。
2008_10060009.jpg
昨日の晩がきじ焼き丼。
2008_10070014.jpg
今日の昼はJ's GARDENで小海老のトマトクリームパスタ。
2008_10070027.jpg
今夜は秋刀魚の蒲焼丼と秋刀魚の刺身でした。
ホントはね~
私、魚をおろすのが得意じゃないのよ。
だって習ったことがないんだもん。(笑)
家でも学校の家庭科でも教わったことないわ~
# 何しろ私の母が魚をおろしてるのを見たことないし。(≧∇≦)ノ
なので、私のおろし方は、料理本とTVの料理番組の見よう見まね。
かなり適当です。(笑)
でも、どんなおろし方をしても、この時期の秋刀魚はおいしいですね。
っていうか、魚のおろし方をちゃんと勉強しろよ。>自分
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
勉強になりました!
さすがプロ!(^^)
やっぱり確かな知識の裏づけがあってこそ、
説得力のある発言ができるものですよね。

私は、実は武田鉄也さんの性格が嫌いです。
(よく知ってるわけじゃないけどw)
chinekoさんの言ってる感じ、よくわかります。

魚おろすの、最近したことないです。
というか、切り身しか買ってこない(^^;
前に釣ってきた鯛をもらったことがあって、
死にそうになりながら3枚におろしました。
えらの処理とか、ウロコの処理も、
泣きそうでした・・・
2008/10/08(Wed) 01:45 | URL  | viviandpiano #mQop/nM.[ 編集]
その気持ち、よくわかる~~~!
「ほんとはそうじゃないのにぃ~~~!」って叫びたいのに画面の向こうには聞こえない・・・
武田鉄也ってあんまり好きじゃない(ーー;)

TV局もしっかりと事前調査してほしいねぇ~~(^^ゞ
2008/10/08(Wed) 19:03 | URL  | golgo131956 #-[ 編集]
「漢字を感じる授業」ということで
正しい学説の説明というより「漢字あそび」
が趣旨の様に思いました。

他に漢字で表現しようということで「朝指」で「ズームイン!」と読ませたり、「モジモジ君のマネ」で人間で漢字を表現したりもしてました

金八のセリフは脚本家の考えたセリフですが30年近くたった今も人々の記憶に残ってるのにびっくりです。
人が支えあっている様に見えると言ってた
と思いますが、漢字の成り立ちの説明と
してとらえた視聴者が多かったのでしょうね

だとすれば、今回もそう捉える視聴者も多そうです。ちなみに番組公式HPでは東の説明だけしか載ってません。誤解を与えると判断したからかもしれないですね。
長文失礼しました。
2008/10/09(Thu) 22:05 | URL  | 通りすがり #-[ 編集]
>viviandpianoさん
やっぱりTVでの発言は影響力大ですね。
私のブログなんかはほとんど見る人がいないので
影響力はほとんどないんですが……(笑)
魚をおろすのは嫌いではないと自分では思ってるんですけど、
ちゃんとしたおろし方がわかってないので、
「これでいいの? これでいいの?」と
常に疑問を感じながらやってます。
一度きちんと料理教室に行かねばと思いながら、
お月謝などの関係でまだ果たせずにいます……

>golgo131956さん
テレビでは「それは違うんじゃない?」と思っても、
こちらからリアルタイムに意見することができないですからね~
とくにゴールデンタイムの番組なので
かなり見ていた視聴者も多かったんじゃないかと思います。

>通りすがりさん
「新しい漢字を作る」「体で漢字を表現する」というのは
あれはあれでいいと思うんです。
私も授業でやったりしますから。
ただ、漢字の説明をするときにいい加減なことを言わないでほしい、
とくに影響力の大きい人が言えばそのまま覚えてしまう人がいる、
ということなんです。
実際、「“人”は人間が立っている姿」と説明すると
「二人の人が支えあってる形じゃないの?」と質問する生徒は多いですよ。
かなり浸透しているんだと思います。
今回のこと以外にもテレビ局にはいろいろ迷惑させられることが多いんです。
毎週土曜日にやっている「私的チャイナビ」の中で使われている中国語の表記が
ほぼ毎回間違っているのできちんと確認してから放映して欲しいとお願いの投書をしたのですが、
何も言ってこないのはもちろんのこと、
それ以降も毎回のように中国語が間違ってますし……
知らない人が見たら、それを素直に信じてしまうというところが問題だと思います。
2008/10/09(Thu) 22:42 | URL  | chineko #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック