FC2ブログ
2019年08月18日 (日) | edit |
今でこそタイ料理やベトナム料理などのエスニック料理が
あちこちで食べられるようになりましたが
今から20年前、30年前はそういうわけには行かなかった!
そもそもエスニック料理のお店が少なかったんですからね。
思い返してみると私のタイ料理の原点は
歌舞伎町のベンジャロン(閉店)、新宿ヒルトンホテルのゴールドリーフ(閉店)、
新宿ルミネ地下のゲウチャイ(閉店→新宿東口に復活)あたりでしょうか。
あの頃はデジカメなんかなかったので写真に撮って記録する
ということがなかったため、はっきりしたことは今ではわかりません。
私の場合は2001年頃に最初のデジカメを買って
そこからいろいろ撮るようになったので、
写真での記録はそのあたりが初期に当たります。

で、20年くらい前はタイ料理よりもインドネシア料理の方が
私にとってはポピュラーで、新宿歌舞伎町の入口にあったインドネシアラヤ、
新橋のインドネシアラヤ、渋谷のジュンバタンメラあたりが
私のインドネシア料理の原点という気がします。

そんな渋谷のジュンバタンメラには一風変わった思い出が。
それは従兄弟の奥さんが妊婦さんだった頃のお話。
その奥さんと、別の従姉妹とそのお母様(私にとっては伯母)で
食事をすることになったとき、「渋谷あたりで」という話になりました。
その頃は私もあまり飲食店を知らなかったので、
たまたま大学時代のサークル仲間に連れて行ってもらったことのあった
ジュンバタンメラをチョイス。
すると、従姉妹と伯母に猛反対されました。
「妊婦さんに辛い物を食べさせるなんて!」と。
いやいや、インドネシア料理は何でもかんでも辛いわけじゃないんですよ?
ナシゴレンは辛くない焼きめしだしミーゴレンは辛くない焼きそばだし。
ガドガドなんてゆで野菜に甘いピーナッツソースをかけたものだし。
いくら説明しても「インドネシア料理=辛い」と思い込んでいる人たちには
そう簡単に意識は変えられなかったようなのでした。

そんなインドネシア料理の思い出ですが、
私の手元には2002年以降の写真しか残っていません。
先述の通り、料理の写真を撮るようになったのはデジカメ購入後だし、
その当時は毎回毎回写真を撮っていたわけではないので
普段のランチなんかはあまり撮っていなかったんですよね。

2002_0902ir01.jpg 2002_0902ir02.jpg
というわけで、私のデジカメ写真の中で
最初に登場したインドネシア料理は新宿歌舞伎町のインドネシアラヤでした。
2002年9月2日の写真です。
アジアンエスニックな店内はリゾートらしい雰囲気満点。

▲...続きを読む...▼
スポンサーサイト