FC2ブログ
2016年07月19日 (火) | edit |
向田邦子の「霊長類ヒト科動物図鑑」の中に
「う」というタイトルのエッセイが収録されている。

----------
    <前略> 
 女のくせにだらしのないたちで、抽斗をあけて、
探すものがすぐに出たためしがない。
 大事なものは無くしたら大変と整理して仕舞いこむのがいけないらしく、
さあ、というときになると、どこへ入れたのか判らなくなる。
    <中略> 
 そのなかでただひとつ厳然とそれひとつを誇っているのは「う」という箱であった。

 「う」は、「うまいもの」の略である。
 この抽斗をあけると、さまざまの切り抜きや、栞が入っている。
 焼あなごの下村、同じく焼あなごの高松・こぶ七や仙台長なす漬の岡田、
世田谷にある欧風あられの幸泉、鹿児島の小学校のときの先生が
送って下すったかご六の春駒。
    <後略> 
----------

引き出しの整理をするのが苦手な筆者が、
唯一きちんと整理整頓しているのが「うまいもの」の切り抜きを収めた
引き出しの箱だというのである。
この情熱の幾分かでも仕事に注いでいればもっとマシなことができるのだが、
という感想とともに綴られる「う」の引き出しの話。
誰しも同じようなものだと筆者に伝えたいけれども、
すでに向田さんはこの世にはいない。

と、なぜこんなことを冒頭に書いてしまったかというと、
今日はお昼に鰻を食べたから。
「鰻」の「う」は「旨いもの」の「う」だなあ、とつくづく思った次第。


2016_07190002.jpg
そんな火曜日のお昼。
浅草橋で鰻でも食べようと、駅周辺をぶらぶら。
浅草橋近辺で鰻屋というと、「伊豆菊」「なかや」「千葉家」に
行ったことがあるのですが、「よし田」は未訪。
電気はついているようですが、今この時間に
営業しているのかしていないのかよくわからない。

▲...続きを読む...▼
スポンサーサイト