FC2ブログ
2016年04月24日 (日) | edit |
昨夜は久々のソンポーン。
え?
ぎっくり腰?
腰は大丈夫なのかって?
ええ、まあ、湿布を貼ってロキソニンを飲んで
とりあえず痛みは緩和できたので、
あとはアヒルのような格好でソロソロと歩いております。
でも、今回は軽めのぎっくり腰だったので
すぐに動けるようになったし、今のところ動作が遅いだけで
屈む以外の動きはできるようになっているので問題ありません!

で、昨夜のソンポーンですが。
お昼は荻窪で勉強会だったので、それが終わってから直行。
ちなみに勉強会では「説文解字注」を読んでいたのですが、
「左」と「右」の字解から始まって、「貝」部をひと通り見ていきました。
ちなみに「左」と「右」を読んだのは、
「昔の人は右利きと左利きのどちらが多かったのか」が気になったから。(笑)
ちなみに本来の「右」の文字は現在の「佑(助ける)」の文字で、元々の「右」を表す文字は「又」、
本来の「左」の文字は現在の「佐(助ける)」の文字で、元々の「左」を表す文字は「ナ」。
「又」は右手の形、「ナ」は左手の形を表しています。
「又」に「口」が付いて「右」の字になって「助ける」の意味になったのは
「手だけでは足りないときに口を使うから」、
「ナ」に「工」が付いて「左」の字になって「助ける」の意味になったのは
「右手では足りないときに左手を添えて右手を助けるから」なんですって。
さて、もうお分かりですね。
本来は右手だけですむところを、右手で足りないときに左手を使い、
それでも足りないときには口を使う(よく口に切符をくわえたりしますね)ということは、
古代の人たちには右利きが多かったということが言えるのではないでしょうか。
その他「乱」と「治」は表裏一体で同じ状態を表す(乱れているから治める必要がある)など、
漢字の元々の意味にはなかなか面白い解説がついています。
おひまなときにはぜひ「説文」を読んでみてくださいね~(笑)

2016_04230022.jpg
そしてソンポーンに直行すると、まだ開いてませんでした。(^^;)
しばしオープンエアで待機。

▲...続きを読む...▼
スポンサーサイト



2016年04月24日 (日) | edit |
momo_chineko

ヤム ネーム https://t.co/OiM4OonmoZ
04-23 21:23

スップ ノーマイ https://t.co/csJfJ0ITfW
04-23 21:24

スペアリブ https://t.co/8JBw1JSyli
04-23 21:25

ゲーン https://t.co/IDRFPs5ZOV
04-23 21:26

ゲーン サッパロー https://t.co/gkzj2h346T
04-23 21:28

今日のニャンコ。地蔵モード。 https://t.co/USR1LXnAVY
04-23 21:55