FC2ブログ
2013年07月22日 (月) | edit |
私は今年度と来年度に教員免許の更新をしなければならない人です。
旧免許を持っている場合は、35歳・45歳・55歳の誕生日を迎える年度に
教員免許が失効することになっています。
なので失効する直前の2年間で更新手続きをしなければなりません。

が、しか~し!
この更新に関連する諸々のことがあまりにも曖昧で
私自身もいまだによくわかりません。
今後、更新手続きをしなければならない人も多いと思うので
とりあえず今の段階で分かっていることなどをまとめてみようと思います。
# 現段階での状況なので、今後変わることもあり得るので
# 一つの目安として考えてください。

まず、免許更新ができる人は基本的に
「現職の教員(非常勤講師を含む)」だけです。
# 教員採用内定者や過去に教員として勤務した者等も含みますが。
教員免許を持っているけれど、現在教職についていない場合、
免許は失効しません。
教職に就くときに失効します。
なので、教職に復帰する直前に免許更新のための講習を受講して
免許更新申請を行わなければなりません。
つまり事実上「現在教職に就いていない人は今後も教職には就けない」
と言えると思います。
そもそもそんな直前に更新講習なんかやってませんから。( ´Д`)

次に、免許状を複数持っている場合の扱い。
私の場合は中学校国語、高等学校国語、中学校外国語(中国語)、
高等学校外国語(中国語)の免許を持っています。
そういう場合はどれか1種類の更新手続きをすれば
他の全ての免許が更新されます。
更新講習は必修領域(教職に関する講習)12時間と
選択領域(専門に関する講習)18時間が必要ですが、
選択領域に関しては持っている教職の種別(教諭・養護教諭等)の指定があって
それ以外のものを受講しても単位に認められません。
また現在教えている教科に関するものをメインで受講するシステムになっています。
免許更新制が始まったばかりの頃は講座数が少なかったこともあって
他教科の講習を受講しても単位認定されていたようですが
現在は自分の教科をできるだけ受講することが望ましいようです。。
私は幸い国語と中国語の授業を担当しているので国語の講座を受講しますが
中国語やロシア語しか教えていない人はどうなるんでしょうか。
このあたりはよくわかりません。
ごく少数の大学で「国際教育」とか「外国語一般」のような講座があるので
そういうところを日本全国探し歩いて受講するしかないのかもしれません。

▲...続きを読む...▼
スポンサーサイト



2013年07月22日 (月) | edit |
momo_chineko

Delta Searchってすごく悪質じゃない!?
07-21 02:09