FC2ブログ
2007年06月20日 (水) | edit |
先日、外国人生徒の取り出し授業(国語)で
テキストの文を範読していたときのことでした。
「自分で読むと全然わからないのに、
 先生が読むとなぜか意味がよくわかる。
 文字を読まなくても聞いてるだけでよくわかる」
と言われました。
思わずニンマリ。(~o~)

実は私、朗読を仕事にしたくて、
若い頃TAA(東京アナウンスアカデミー)の
声優コースに1年間通っていたのでした。
実際には卒業後にそういう仕事をすることはなかったのですが、
「表現者」でありたいとずっと思っていました。
なので国語の授業で範読(←先生が模範として読むのをこう言います)するときは
いつでもそれを心がけてきたわけです。
日本語を母語としない生徒に音だけで内容が伝わったと言われるのは
最高ランクの褒め言葉でしょう。

中国語然り、日本語然り、二胡然り、
いつでも表現者でありたいと思います。
▲...続きを読む...▼
スポンサーサイト