FC2ブログ
2007年02月18日 (日) | edit |
   春暁
 春眠不覚暁 処処聞啼鳥
 夜来風雨声 花落知多少
 ハルノネザメノウツツデ聞ケバ
 トリノナクネデ目ガサメマシタ
 ヨルノアラシニ雨マジリ
 散ッタ木ノ花イカホドバカリ
       (「厄除け詩集」井伏鱒二)

高校の漢文の教科書にも載っている孟浩然の有名な詩だ。
今朝は鳥の声ならぬ雨の音で目が覚めた。
そうか、7階の部屋で聞く雨の音はこんな音だったのか。
今までのような枕元でビンビン響くような音ではなく
はるか下の方でピシャピシャ地面を叩く音だった。

さて。
そんな雨の音で起きたわけだけど、
今日は昨日に引き続いて「説文会」という勉強会。
いつもは上智の某研究室を借りてやるのだけれど
(メンバーの一人が上智の教授なので……)
今日は別のメンバーの家での集まりである。
何がうれしいって、飼い猫のノン太くんと
久しぶりに会えるのだ!
まずはルミネ荻窪店にある「つな八」で昼ごはん。
2007_02180014.jpg
▲...続きを読む...▼
スポンサーサイト