2015年06月28日 (日) | edit |
今年もまた麗澤大学へ。
そう、スピコンの付き添いです。
正式な引率として認めてもらえないので、
報酬(当日だけでなく練習・指導も含む)も出なければ交通費も出ないので
結構私としてはキツイのですが、これも生徒のためと割り切って
毎年お出かけしています。

2015_06280855.jpg
ちょっと早めに南柏に着いたので、改札横のドトールへ。

▲...続きを読む...▼
スポンサーサイト
2014年08月03日 (日) | edit |
例年11月に行われる拓殖大学のスピーチコンテストが
今年はオープンキャンパスに合わせて本日行われました。
しかも場所が去年までの茗荷谷ではなく、八王子キャンパスで!(@@;)
ワオッ!
私、高尾駅なんて降りたことありませんことよ。
# 20年以上京王線ユーザーですけども。(^^;)

で、本来ならば私は引率などしてはいけない立場なのですが
生徒が出場するので非公式な引率として拓殖大学まで行ってきました。
我々講師に許されているのは授業と研修のみで
引率とか校外学習とか課外活動は許可されていないのです。
でも、他に指導する人もいないうえ、
専任の教員に引率を断られてしまったので、
結局のところ私がせざるを得ないというわけです。
私は一応「生徒のためであれば金と時間と労力を惜しまない」
というのをモットーにしているので、
無報酬でむしろ持ち出しになることでもやることにしています。
これで家庭でもあればホイホイと出かけるわけにいかないのでしょうが、
幸いなことに私は自由気ままな独身生活なので
自分の時間を減らして仕事に充てることができるのです。(≧∇≦)ノ
おひとりさまサマサマです♪

2014_08030009.jpg
で、朝のうちに家を出て、高尾駅前のドトールでモーニング。
コーヒーの味はドトールよりも断然スタバなのですが、
高尾駅前にスタバはありませんからね。。。

▲...続きを読む...▼
2014年06月29日 (日) | edit |
今日は何の日?

2014_06290928.jpg
麗澤大学主催の中国語スピーチコンテストでした。
「麗澤大学ってどこにあるの?」って思った方、南柏でございますヨ。
今年も私の生徒がエントリーしたので、その南柏までお出かけしてきました。
ちなみに今回は2校の生徒がエントリー。
今年度、私は全日制4校と定時制2校に行っているので
いろいろとやりくりが必要でありました。。。

▲...続きを読む...▼
2013年11月13日 (水) | edit |
※ ここまでの話はコチラで。。。
教員免許更新制
教員免許更新にまつわるエトセトラ
教員免許状更新講習 ~必修領域~
教員免許状更新講習 ~選択領域~
教員免許状更新申請

先週の9日、教員免許状の更新講習修了確認証明書が
簡易書留で届きました。
私は二胡教室の定期演奏会で日付が変わってから帰宅したので
当然受け取りができませんでした。(^^;)
平日は仕事があるので書留の受け取りは難しい。
というわけで、翌日の日曜日に再配達を手配して
無事に証明書を受け取ることができました。
一人暮らしで書留の受け取りは厳しいですよね。
保管期間が1週間ですからね~
本局の郵便局に取りに行こうにも家から遠いし、
どこかの郵便局に転送してもらうにしても
私は毎日違う場所に仕事をしに行っているので難しい。
そこのところ、もうちょっと考えてほしいものです。

2013_11130012.jpg
で、証明書はこういう紙切れ1枚です。
これで平成三十七年三月三十一日まで教員免許の有効期限がのびました。
# 知らない人も多いかもしれませんが
# お役所は元号を使用しているので「平成」になってます。
しかしこの1枚のために今年はお金も時間も使いました。
30時間の講習受講のために30000円、講座の教材費が数千円、
証明書申請のために3300円、
提出してすぐに返却される住民票のために200円、
返信用封筒に簡易書留の切手代440円、
講習に通う交通費と申請のときにかかった交通費、
その他いろいろな経費と年次休暇。

教員免許状更新講習を廃止して、
教員のスキルアップのための別の方法が採用されることを
強く強く願います。
2013年10月11日 (金) | edit |
※ ここまでの話はコチラで。。。
教員免許更新制
教員免許更新にまつわるエトセトラ
教員免許状更新講習 ~必修領域~
教員免許状更新講習 ~選択領域~

本日、教員免許状の更新申請をしてきました。
申請書類の提出先は東京都教育委員会。
ええ、私は東京都在住で東京都で教職に就いているからです。

2013_10110001.jpg
東京都庁の第二本庁舎27階・教育庁人事部選考課が目的地です。
エレベーターに乗って、ブィ~ンと27階まで上がります。

必要な書類は基本的には以下の6つ。
・申請用紙
・申請手数料(3300円)
・証明書返信用封筒
・本籍地記載の住民票 又は 戸籍抄本(謄本)
・所持免許状の写し
・30時間分の講習修了(履修)証明書(原本)
ただしそれぞれの状況によって必要な書類が加わります。。
ちなみに申請手数料は複数教科の場合も3300円です。
1回の申請に対しての手数料ってことみたいです。

▲...続きを読む...▼
2013年08月22日 (木) | edit |
8月後半戦です。(^-^)/
というわけで、教員免許状更新講習の選択領域の受講に行ってきました。

ここまでのお話はこちらで。。。
教員免許更新制
教員免許更新にまつわるエトセトラ
教員免許状更新講習 ~必修領域~

教員免許の更新講習は必修12時間、選択18時間の
合計30時間を受講することになっています。
必修の12時間はだいたい1セットになっているので
分割して別の大学で受講することはできませんが
選択領域の方は1講座が6時間になっていることが多いので
それぞれ別の大学で6時間ずつ受講することも可能です。
……ですが!
そうすると手続きがとっても面倒なので
私は今回は全て(必修も含めて)東京学芸大学で
まとめて受講申請をしちゃいました。

2013_08190348.jpg
選択した講習講座の関係で必修は8月1日~2日、
選択は8月19日、20日、22日と分かれてしまいました。(^^;)

▲...続きを読む...▼
2013年08月02日 (金) | edit |
昨日、今日と教員免許状更新講習に行ってきました。
免許更新には必修領域12時間と選択領域18時間の講習が必要ですが
今回受講したのは必修領域の12時間。

2013_08010219.jpg
私が行ったのは東京学芸大学。

本当は母校のお茶の水女子大学で受講したかったのですが
お茶大は免許更新講習をやらないみたいなんですよね。
前身は女高師なのに。( ´Д`)
# お茶大はもともと女子高等師範学校だったので
# 今でも我々は愛をこめて女高師と呼びます。
で、どこで講習を受けようかな、と迷っていたら、
「○○大学は割引があるらしい」とか「○○大学は単位認定率が高いらしい」とか
「○○大学は参加者が少ないから直前でも申し込み可らしい」とか
いろいろな情報をいただきました。
でもどうせ受講するなら内容のよさそうな会場がいいと思ったので
教員養成に力を入れている学芸大を選んでみたわけです。
# 実際にはこれが大正解。

学芸大は武蔵小金井にあるので
(学会のお手伝いで何回か行ったことがある~)
家から1時間以上かけてえっちらおっちらと出かけてきました。

▲...続きを読む...▼
2013年07月22日 (月) | edit |
私は今年度と来年度に教員免許の更新をしなければならない人です。
旧免許を持っている場合は、35歳・45歳・55歳の誕生日を迎える年度に
教員免許が失効することになっています。
なので失効する直前の2年間で更新手続きをしなければなりません。

が、しか~し!
この更新に関連する諸々のことがあまりにも曖昧で
私自身もいまだによくわかりません。
今後、更新手続きをしなければならない人も多いと思うので
とりあえず今の段階で分かっていることなどをまとめてみようと思います。
# 現段階での状況なので、今後変わることもあり得るので
# 一つの目安として考えてください。

まず、免許更新ができる人は基本的に
「現職の教員(非常勤講師を含む)」だけです。
# 教員採用内定者や過去に教員として勤務した者等も含みますが。
教員免許を持っているけれど、現在教職についていない場合、
免許は失効しません。
教職に就くときに失効します。
なので、教職に復帰する直前に免許更新のための講習を受講して
免許更新申請を行わなければなりません。
つまり事実上「現在教職に就いていない人は今後も教職には就けない」
と言えると思います。
そもそもそんな直前に更新講習なんかやってませんから。( ´Д`)

次に、免許状を複数持っている場合の扱い。
私の場合は中学校国語、高等学校国語、中学校外国語(中国語)、
高等学校外国語(中国語)の免許を持っています。
そういう場合はどれか1種類の更新手続きをすれば
他の全ての免許が更新されます。
更新講習は必修領域(教職に関する講習)12時間と
選択領域(専門に関する講習)18時間が必要ですが、
選択領域に関しては持っている教職の種別(教諭・養護教諭等)の指定があって
それ以外のものを受講しても単位に認められません。
また現在教えている教科に関するものをメインで受講するシステムになっています。
免許更新制が始まったばかりの頃は講座数が少なかったこともあって
他教科の講習を受講しても単位認定されていたようですが
現在は自分の教科をできるだけ受講することが望ましいようです。。
私は幸い国語と中国語の授業を担当しているので国語の講座を受講しますが
中国語やロシア語しか教えていない人はどうなるんでしょうか。
このあたりはよくわかりません。
ごく少数の大学で「国際教育」とか「外国語一般」のような講座があるので
そういうところを日本全国探し歩いて受講するしかないのかもしれません。

▲...続きを読む...▼
2013年07月12日 (金) | edit |
今度の海の日は体験入学。
高校の授業を体験するために中学生が訪れます。
私も中学生向けの授業をしなければならないので
そのときに配るお菓子を買いに新大久保まで出かけてきました。
別にお菓子を配る必要は全くないのですが、
数字の練習をするためにビンゴゲームをするので
何か景品があった方が盛り上がるというわけです。
# 景品があるのとないのとでは生徒の熱心さがまるっきり違います。
# 高価な景品でなくてもよいのです。
# 何かあるだけで覚えようという気になるようなのです。
# なのでいつもお菓子とお年玉袋(中国のコイン入り)を用意しています。

2013_07120003.jpg
今日の目的地はココ、「華僑服務社」です。
中国食材や中国書籍を扱っているお店です。


▲...続きを読む...▼
2013年06月30日 (日) | edit |
6月は最高に忙しかったということを書きましたが、
ただ単に業務と二胡ライブが重なって忙しかっただけでなく、
本来の業務とは違う仕事も重なっていたからなのでした。
私が勤務している5つの学校のうちの1つに
麗澤大学からスピーチコンテスト(朗読)の案内が来たのが5月。
たまたまその学校からは参加する生徒がいなかったので
案内を別の学校に持って行って参加者を募ったところ
2名の生徒が手を挙げました。
ちょうど中間考査の直前だったので、バタバタと申し込みをして
考査が明けてから練習に入りました。

しかしこの練習がなかなかの難敵。
一番の問題は私の時間がどうしても取れないこと。
月~金まで5つの学校を掛け持ちしていて
朝・昼・晩で違う学校3か所を移動する日もあるので
どう頑張っても練習する時間が限られているわけです。
本当なら毎日のように練習に付き合ってあげたいところですが
結局は週に1回1時間ずつくらいしか時間が取れませんでした。

そんなヘロヘロ~な私には関係なく
スピーチコンテストの日はやってきました。(^^;)

2013_06300001.jpg
南柏にある麗澤大学。
随分前に用事があって1回だけ行ったことがありました。

▲...続きを読む...▼